平成30年度六甲山ビジターセンター環境学習プログラム募集中!!

六甲山ビジターセンター
(現:六甲山自然保護センター、以下、「ビジターセンター」という。)において、
自然豊かな六甲山のフィールドを活かした体験型の学習プログラムを提供しており、
このたび、平成30年度事業(10月実施分まで)の提案を募集します。
なお、冬期(11月以降)実施分については、別途募集します。

1 募集するプログラム
大都市に隣接する国立公園六甲山地区のフィールドを活かし、
ビジターセンターを活用して、県民が自然に親しみ、
環境について学び体験できるプログラム

2 応募資格
公益法人、特定非営利活動法人又は任意団体等であって、
提案した環境学習プログラムを自ら実施できること

3 実施方法  兵庫県神戸県民センターからの委託

4 委 託 料   1プログラムあたり8万円以内(原則)

5 採 択 数  6プログラム程度

6 実施要件等
(1) ビジターセンターを活用して、体験型の環境学習を応募者自らが提供すること
(2) 平成30年6月から10月までの間に実施すること
(3) 参加者の安全には十分に配慮するとともに、傷害保険に加入すること
(4) 1回あたり概ね20名以上の参加が見込めること
(5) 応募者自ら参加者募集に努めること(県は広報媒体を活用して協力)
(6) 1団体につき2プログラムまで応募可能

7 審査・選考  委員会での審査により決定

8 スケジュール
(1) 募集期間  平成30年3月2日(金 )~ 3月30日(金)午後5時必着
(2) 採択決定  平成30年4月中(予定)

9 問い合わせ・提出先
兵庫県神戸県民センター 県民交流室県民課
〒650-0004 神戸市中央区中山手通6-1-1 神戸総合庁舎6階
TEL:078-361-8629  FAX:078-361-8589
E-mail:kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp (月~金/9時~12時、13時~17時)

詳細及び
H30年度環境学習プログラム募集要項
H30年度環境学習プログラム募集チラシ
H30年度環境学習プログラム事業計画書
こちらへ ↓ ↓
六甲山ビジターセンター環境学習プログラムの募集について

 

カテゴリー: イベント報告, 六甲自然ガイド | コメントする

春の目覚めは黄色~3月の生物季節観測はウグイスです~

今日(2月24日)の六甲山の記念碑台の午前10時の気温は、7℃。日差しも暖かく春がどんどんここ六甲山にも押し寄せてきているように思えます。
2月24日は、六甲高山植物園の冬季開館の初日ということで、約20分を歩いて赴きました。途中、雪が凍って滑るところがあり、子供さんは無理かなと思いながら新しく命名された「ブナの道」を通っていくと、何と駐車場は満車でした。観察されているガイドの周りには、約100名ほどの方々がおられたでしょうか。
まず、目についたのは、フクジュソウです。日向の斜面に太陽の光をいっぱいに浴びながら、キラキラ咲いていました。キンポウゲ科のフクジュソウは、とても花に光沢があります。フクジュソウは、福寿草と書きめでたい花です。

次に見つけた花は、マンサクです。木の花の中では、ロウバイの花の次ぐらいに咲くのでしょうか。真っ先に咲くので「先ず咲く」がなまってマンサクと言うようになったそうです。
フクジュソウもマンサクも、どちらも黄色い花です。春先は黄色の花が多いのです。黄色の好きなハエやアブが、もうそろそろ飛び始めます。蜜を運んでもらう虫の好みに合わせた戦略ですね。すごいですね。
次は、バイカオウレンの群生がありました。バイカオウレンは、植物学者の牧野富太郎が愛した花ということです。花びらは白いのですが、フクジュソウと同じキンポウゲ科なので、光沢があります。よく見ると花には黄色のアクセントがあり、これも虫を呼び寄せているのでしょうか?
このころ林床に咲く花は、「スプリング・エフェメラル」と言います。エフェメラルは、かげろう、という意味です。落葉の木が葉を茂らせるまでのほんの短い期間だけに咲くかげろうのように、はかないという意味のようです。
六甲山高山植物園は、冬季開館は、2月24日・25日、3月3日・4日・10日・11日だそうです。ぜひ、春の目覚めを発見しに登ってきてください。
ところで、冬季は休んでいました生物季節観測を3月より復活します。3月はウグイスの初鳴きです。「ケキョケキョ」ではなく「ホーッホケキョ」といつ聴けるかですね。楽しみですね。

カテゴリー: 六甲自然ガイド, 植物 | コメントする

まだまだ六甲山は冬の趣~葉の形の楽しみ~

昨日は、中国地方や北陸などでは春一番が吹き、今日の神戸市の最高気温は12℃という予報でした。しかし、六甲山記念碑台は、午前9時で気温1℃でした。           風は冷たく池では氷の上に雪が溜まりまだ真っ白です。  

左は、ケーブル山上駅から記念碑台に登る途中にある地蔵池です。右は、記念碑台前にあるツゲ池です。どちらも、まだまだ冬の静けさの中といった趣でした。
六甲山上では、花のない季節ですが、おもしろい葉の形を発見。下の写真は、カクレミノという木の葉です。昔の雨具のみのに似ている葉ということから、カクレミノの名前がついたそうです。この木は、よく「グー・チョキ・パーの木」と言われるように、葉の形が一枚一枚違うのがわかるでしょうか?切れ目の深く入った葉もあれば、切れ込みのない丸い葉も混ざっています。そして、不思議なことに、幼い木ほど切れ込みの多い葉が多く、古い木ほど丸い葉が多いのです。では、人間はどうでしょうか?「お年寄りほど人間ができ丸くなっているよ。」と言われる一方で「丸くない人もおるぞ!」という声も聞こえてきそうですね。
次に見つけた葉の紹介です。下の左と右の葉をよく見比べてください。葉の形が違いますね。同じ種類の木の葉と思えますか?実は、どちらもキヅタ(フユヅタ)と言って同じ種類のツル性の植物なのです。左の葉は、地面にはっているときの葉の形で、右の葉は、地面から離れて、上にあがってくるとできる葉なのです。どうしてでしょうねえ。

不思議なことはよくあるものです。
葉の形を見るということを、冬のハイキングの楽しみの一つに加えてみてください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド, 植物 | コメントする

Winter is Here!

Mt. Rokko Guide HouseWinter Wonderland

Winter is really here on Rokkosan. This year the weather on Rokkosan has been a bit colder than usual and we have more snow as well. The past few weeks the temperatures have been between -2c and -8c. There have been snowfalls of up to 10cm in places and with the cold weather, even when the sun is shining the snow remains. The mountain has become a winter wonderland.

Snow Covered Trees

Snow Covered Trees

The mountain covered in a nice blanket of white snow makes everything look very different, more peaceful and calm than usual. Trees and plants all over the mountain have a soft white sheen and the open fields of the Kobe Golf Club (which is closed during the winter) become large expanses of beautiful snow. Winds blowing through the trees and over open spaces create snow banks that are wonderful for children and adults to play in and dig out snow caves.


Snow fields of the Kobe Golf ClubWind Blown Snow Banks

Shovel Car heading out to clear snow

Shovel Car heading out to clear snow

Snow removal trucks and plows are also hard at work on the mountain daily. Which is something that one usually can only see in areas much further north. Road workers work hard to keep the main streets passable. Off of the main roads though, the snow can be deep in places, especially on some of the hiking trails. So be sure to dress warm and wear proper foot wear for walking in the snow and over ice.

Rokko Base Cafe

Rokko Base Cafe

The Rokko Base Cafe is also a wonderful place to stop by for something warm to eat and drink and to relax and warm up in front of the roaring fire of the wood stove there. On days that the Mt. Rokko Guide House is open, one can stop by here to rest one’s feet and warm up.

Amazing to think that this is also Kobe city.
Hope everyone has a chance to visit Rokkosan as a Winter Wonderland.

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

銀世界の六甲山

昨日からの積雪で、いっきにケーブル山上・記念碑台は銀世界。気温は、マイナス5℃。新雪には、野生動物の足跡も見られます。途中の車道では、スリップしたのでしょう事故車が1台止まっていました。記念碑台からの眺めは、真っ白。雪で視界が見通せません。木々も雪に覆われています。ブナの木は、枯葉の上まで、ご覧の通りです。アジサイの花のあとにも、雪が積もっています。
ガイドハウスの屋根には、ツララです。
そんな中でも、記念碑台の園地は工事中です。ブルドーザーのエンジン音が聞こえます。

ガイドハウスから1時間足らずで行ける百閒滝の一昨日の様子です。七割方凍っていたそうです。ここでは、アイゼンが必須です。新聞に六甲山の滝の様子が載ったからでしょうか、滝を目指す方も来られました。 こんな寒さの中、アイスロードから登ってきたという登山客など、大勢の方々がガイドハウスを訪れています。本館が工事中のため、ガイドハウスの前では、ところせましと多くの登山客が昼食していました。「わあ、温かい」と言いながら館内に暖をとるために入られる方も多かったです。しかし、登山装備は整えてください。滝でなくともアイゼンを一応準備しておくほうがいいですね。
★(ご注意) 記念碑台では、工事中のため、お弁当を食べられないことをご予定に入れておいてください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

六甲山記念碑台は、マイナス6℃

今朝の神戸の最低気温は、マイナス2℃なので、六甲山上ではどうだろうと、午前9時のケーブルで上がると、山上駅ではマイナス6℃、ガイドハウスでもマイナス6℃でした。雪は、思っていたより少なく、また車道は凍結防止剤を撒いているのでしょう、雪は溶けていてありません。池は完全に凍っていました。そんな道中で、植物では、アセビの芽が鮮やかに目に映ります。
記念碑台では、リニューアルオープンのための工事が始まり、ガイドハウス横の階段には、通行止めの表示が出ていました。
記念碑台では、小型のブルドーザーが、テラスの部分で動いていました。「気温零下の中、工事ご苦労様です。」

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

Rokkosan Tourist Pass

Rokkosan Tourist PassEconomical way to visit Rokkosan for Tourists, the Rokkosan Tourist Pass

When visiting Rokkosan, while some people do hike up from the city, the most common way to visit is via the bus and cable car.

For foreign travelers, there is a special “Rokkosan Tourist Pass” that can be purchased with passport proof of entry into Japan on a short-stay visa. Please note, only one can be purchased per individual and there are no refunds available for this pass.

The “Rokkosan Tourist Pass” is a bargain giving 1,770 yen worth of travel for just 1,000 yen. This includes travel on the Kobe City Number 16 bus, the Rokko Cable Car and Rokko Sanjo Bus.

Pass holders also receive many discounts for eating and purchases on Rokkosan and well as for visiting many of the facilities on the mountain.

Please note that this pass is not available for sale at the Rokko Cable Station, so be sure to purchase one before heading to the mountain.

It is available at KIX, Osaka-Umeda, Namba, Kyoto and Sannomiya.

For detailed information on what it covers as well as for maps to places where it can be purchased please see the website here.

Looking for some videos of what one can do on Rokkosan? Check out these great promotion videos below:

Rokko Snow Park

Rokkosan Pasture Promotion Video

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

Happy New Year! Snow and Paper Crafts!

Sunrise on Rokkosan

Sunrise on Rokkosan

Happy New Year!

Dog walking in the snow

Dog walking in the snow

In many Asian countries, 2018 is the Zodiac “Year of the Dog” (). Rokkosan is a wonderful place to walk dogs and one can often see many people out for a nice walk with their pets. For those visiting with animals, please remember to be considerate of others and to clean up after your pet.

At the beginning of the year it got quite cold (-10c at places) and there was about 10cm of snowfall making for a beautiful winter wonderland. The weather has warmed up slightly, and most of the snow has melted, but the end of January through into February is the real winter season for Rokkosan, so be sure to dress warm and wear proper shoes for walking where their might be snow.

Rokkosan Snow Banks

The winds often make large beautiful Snow Banks on Rokkosan

While the Mt. Rokko Nature Conservation Center is currently closed for renewal construction, the Mt. Rokko Guide House is open as usual. It is a great place to pick up information about what is happening on Rokkosan, rest your feet, get something to drink and warm up a bit.

The Rokko Cable Car is celebrating over 85 years of service and has produced a paper craft for both of the Cable Cars. There are a few left, so when you are visiting Rokkosan, stop by and pick up one, or even make it here as a memory of your visit.

Rokko Cable Car Paper Craft

Rokko Cable Car Paper Craft

We wish everyone a happy and healthy year filled with lots of outdoor activities and fresh mountain air.

See you on Rokkosan!

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

六甲山、今年もよろしくね

1月11日、電車の窓から六甲山を見上げると、上部は雪景色。昨日、平地でもミゾレ混じりの雨が降っていたので六甲山上ではどうなっているんだろうと、標高244mの下駅を午前9時発のケーブルに乗る。出発すぐの様子は、雪はほんの少しある程度でした。しかし、どんどん登っていくと、いつの間にかまわりに雪が現れ、上から下ってくるケーブルとすれ違う中間点付近では、グッと雪が積もる状態となりました。ケーブルの窓からは、樹木に積もった雪が輝いていました。約10分で、標高738mの六甲山上駅へ。約500mの標高の違いで、景色は一変。気温は、氷点下5℃でした。六甲山上駅から歩いて20分足らずで、六甲山記念碑台のガイドハウスに着きました。1月5日から工事の始まった記念碑台ですが、さすがに雪の今日は工事は中止のようです。記念碑台に登ってみると、雪の中の東屋でも休んでいる登山者がいました。自然保護センターも工事になりますので、今の建物の雪景色は最後になることでしょう。少し足を延ばして、自然観察コースの一つの二つ池にいきますと、雪の厚みを足の裏で感じることができます。凍った池の上に雪が積もっていました。モリアオガエルが卵を産むこの池の周りに、たくさんのカエルたちが土の中で冬眠していることを思うと、自然の神秘さ・痛快さを感じます。この池は、山の北側にあたりますので、一層寒さが厳しいのでした。自動車は、雪用タイヤでなければ危ないです。気をつけてこの標高差の体験をぜひ味わいに来てください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

六甲山、今年もありがとう

今年も今日を含めて残すところ9日間となりました。2017年の一年間も、可憐な花・おいしい実・さまざまな葉・冬を耐える芽、素敵な香り・快い鳴き声等等、私たちを楽しませてくれました。生き物たちにとっては、今は眠りの時と言っていいでしょう。
今日は、ガイドハウス10時で気温7℃と寒さも一休みです。しかし、池には氷が張っていました。これは、今日(23日)の六甲山記念碑台の近くにあるひょうたん池です。池の中に樹木の育った小島があるのが分かるでしょうか?これは以前、この池に張った氷を切り出しやすくするための小島だったそうです。このような小島のある池が六甲山上にはたくさんあります。アイスロードという名前の登山道がありますが、これらの池から氷を運びおろしていた道だったそうです。
このひょうたん池の近くの道に霜柱ができていました。柱のように立っている氷が分かるでしょうか?霜柱は、土の中の水分が凍った氷の柱なのです。土を持ち上げています。足で踏むとサクサクという氷が砕ける音がします。
そんな冬景色の中でも植物たちは着実に、来春の準備をしています。これは、イロハモミジの冬芽です。モミジは、秋の紅葉の時は印象深いですが、冬の芽もこうやって見ますと青空にも映えとてもかわいいものですね。この小さな芽の中に、春への命が詰まっていると思うと感慨深いものがあります。
やっぱり、「六甲山、今年もありがとう」ですね。
そして、今年も多くの方々、六甲山を訪れて頂き、自然保護センター・ガイドハウスにも来館頂きありがとうございました。

 

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする