月別アーカイブ: 7月 2015

六甲山上への道路運行規制情報

先の台風で、六甲山上への基幹道路の一つ表六甲ドライブウェイが通行止めでした。 8月1日から、片側通行が可能になり、阪急六甲からの阪急バスが通常ダイヤルに戻りますので、お知らせします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ヤマジノホトトギス

山の案内人のい観察コースの薄暗い林縁で ヤマジノホトトギスが静かに咲いています。 この花のところだけが輝いているようです。 ヤマジノホトトギス  (山路の不如帰・山路の杜鵑・山路の時鳥) ユリ科 ホトトギス属 学名:Tricytis affinis Makino 花被片紅紫色の斑点があり、 中央の花柱には斑点がありません。 花の斑点が鳥のホトトギスの胸の班点に似ているため、 ホトトギスの名がついています。 ホトトギス聞けば、鳥を思い浮かべるのですが、 英名では【toad-lily】(ヒキガエルのユリ) 花の斑点をヒキガエルの斑点に見立てたもだそうです。 中国では【油点草】  葉っぱの表面に黒い油のしみに似た斑点がみられることから。 ところかわれば、物の見方も変わる・・・おもしろいですね。 名前のつけかたもそれぞれ、でお国柄がしのばれます。 花言葉は、「永遠にあなたのもの」だそうです。 六甲山 ゆっくり歩けば、こんなお花にも出会えます。 本日の六甲山 曇り空でにわか雨が降りました。 記念碑台ガイドハウスの午後3時の気温は26,5℃ 湿気が多く、蒸し暑い一日でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

六甲山上のバスの運行情報

台風11号(7月11日)の影響で、表六甲ドライブウェイが通行止めのため 阪急バスの表六甲線は運休しておりましたが、 7月25日(土)より、迂回路 にて運行を行っています。 阪急バスの臨時ダイヤの直近の情報は、次のHPの各停留所をクリック するとダイヤ表がでます。 「夏ダイヤ運行系図」 http://bus.hankyu.co.jp/rosen9/rokko.html (※記念碑台を通過するバスがありますので、ご注意ください) 問合せ先:阪急バス 芦屋浜営業所 0797-31-1121 ◎六甲ケーブルは通常通り運行しております。 直近の情報は、HPをご確認してください。 http://www.rokkosan.com/cable/rc/timetablerc/ ◎六甲山系における主要道路及び登山コース通行止めの状況は、 神戸市の次のホームページでの確認が便利です。 直近の情報は次の神戸市のHPでご確認してください。 神戸市通行規制情報のアドレス http://www.city.kob.lg.jp/life/town/rosd/tsukodome.html

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夏休み特別展示「六甲山系にちなむチョウ」を開催しています。

開催期間:2015年7月19日(日)~9月2日(水) 自然豊かな六甲山系には、100種類近いチョウがいます。特色あるチョウや、出会うことができるチョウを標本や写真パネルで紹介しています。また、蝶と食草に関する資料などを置いておりますのでぜひごらんください。   ・チョウは、どんな生き物か(蝶の一生、チョウとガの違いはあるの?)   ・チョウの食べ物(チョウ幼虫と食草の例示)   ・日本の国蝶「オオムラサキ」(オオムラサキの一生)   ・六甲山系にいるチョウ標本 37種    ・オオムラサキの個別標本(両面が見える標本箱入り)   ・神戸での絶滅種及び絶滅危惧種の蝶標本 13種 など    場 所:六甲山自然保護センター展示室 時 間:土日祝 9:30~16:00 (六甲山自然保護センター開館時間)      平日  9:30~15:00 (六甲山自然保護センター開館時間) 休館日 毎週月曜日(ただし、休館日が祝日または振替休日のときはその翌日) 展示協力:神戸市立須磨離宮公園、      NPO法人六甲山の自然を学ぼう会      谷本祥二氏(離宮チョウの会代表) 問合先:県立六甲山自然保護センター 本館 ☎078-891-0616

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

大暑(たいしょ) 六甲山自然歳時記(8回)

7月23日から8月6日まで、二十四節気では「大暑(たいしょ)」です。 各地で梅雨が明けましたが、台風関連の大雨により湿気をはらんだ熱気が野山に街に満ちています。 六甲山ガイドハウス周辺で、咲いている花でお気に入りは、サクラソウ科の「オカトラノオ」です。 6~7月に、茎の先に長い総状花序をだし、白い小さな花をたくさんつけ、下から順に咲いています。多年草で山麓から山上にかけての日当たりのよい草地や林縁、道ばたなどに生えています。名前の由来は、その姿がトラの尻尾に似ているからです。 7月19日(日)勤務しているガイドハウス前の木に、ミヤマクワガタのメスが飛んできました。子ども達に大人気のクワガタは、コナラやクヌギの広葉樹にすみ、子どもの夏休みの昆虫採集の目玉です。特に、ミヤマクワガタは、頭が四角く角ばっているのが特徴で、ミヤマ(深山)の名は山地に多いためです。クワガタのメスは、種類により判別しにくいですが、腹面をみると黄褐色の毛におおわれているのが特徴です。   (みみより話) アサガオのつるの伸び方   小学生の夏休みの観察日記で、おなじみのアサガオのつるが急に伸び始めました。アサガオなど細くて長い茎をもつ植物を「つる性植物」といいます。つるはとても細く、ほかの植物のように自分の体を茎で支えることができないので、ほかの物にまきついて体を支えて成長します。 アサガオのつるの先は、目でみてもわからないほどゆっくりとした速さで動くそうです。はじめに、からみつく相手を探して、動物が首をふるようにつるの先を回転させ、1回転するのに1時間位かかると言われています。 そして、途中で支柱のように安定したものにふれると、すばやくそれにからみつき、上からみると左まき(時計と反対まわり)に巻きつけながら伸びていきます。支柱にふれた側よりも反対側の方が速く成長するので、支柱にまきついて成長することになるのです。 アサガオのつるは、何にでも巻きつくわけではなく、安定した物を選び、また、上に向かって成長できないとわかると巻きつくことをやめてしまうと言われています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

六甲山通行規制情報(通行止めなど)

平成27年台風11号(7月17日)に関して、六甲山にも被害が生じています。 六甲山系における主要道路及び登山コース通行止めの状況は、神戸市の次のホームページでの確認が便利です。 http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/road/tsukodome.html

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

六甲山自然保護センター周辺の昆虫展

本館展示室にて、現在、六甲山自然保護センター周辺の昆虫展を開催しています。 兵庫県立人と自然の博物館のひとはくのセミナー 中学生限定の「ユース昆虫研究室」の成果展示です。 2013年・2014年、春から秋にかけて、六甲山自然保護センター周辺で、 中学生調査員が昆虫の採集調査を行い、 採集した約230種、432個体の標本他、 生態写真や活動の様子をパネルで紹介しています。 主催:兵庫県立人と自然の博物館 共催:兵庫県 神戸県民センター ぜひ みなさまご来館ください。 開館時間、休館日はこちら →  六甲山自然保護センター施設案内

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

7月18日の「山の案内人による自然観察会」は中止です。

7月18日(土)の「山の案内人による自然観察会」は中止とさせていただきます。 なお、六甲山自然保護センター、六甲山ガイドハウスは通常どおり開館しております。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

【重要なお知らせ】7月17日(金)臨時休館いたします。

台風11号の影響による悪天候により、本館・ガイドハウスとも臨時休館いたします。 ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

六甲山はアジサイが見ごろです

六甲山と言えば・・・アジサイ 神戸市の花もアジサイです。 神戸の街中と違って、花の色が鮮やかな感じがします。 心に染みてくるような美しさがあり、癒されますね。 木々の緑をキャンバスに 美しいブルー 薄紫 淡いピンクのパステル。 絵画のような風景が、山上の至るところで見ることができます。 その数は数万本だそうです・・・次々に咲き涼しさを誘ってくれます。 標高の高い六甲山では、6月の下旬から7月中旬にかけてがアジサイの季節。 神戸の市街地に比べ年間の平均気温が5~6℃低いため、 市街地よりも1ヶ月ほど遅くアジサイが見頃を迎えています。 三宮・灘方面から、車で山中へ向かう際に通過する 表六甲ドライブウェイと丁字ヶ辻から記念碑台までの道沿いにも、 アジサイが咲き誇り、道中をより楽しませてくれます。 また、六甲山上ドライブウェイではいたるところで、 アジサイがしっとりと上品な色を輝かせ、 静かで涼しい六甲山をいっそう引き立てているような気がします。 六甲山系はそのほとんどが花崗岩からなる酸性土壌や 寒暖差の影響を受け、市街地より降水量も多いことが幸いしたのでしょうか。 真っ青で色鮮やかなあじさいが多く咲きます。 最近は「六甲ブルーのアジサイ」と呼ばれて人気が出ています。 空の色、海の色、そして紫陽花の色、 六甲山が、一番色鮮やかな季節でしょうか・・・ 今日の六甲山ガイドハウスの10時の気温は25℃でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ