カテゴリー別アーカイブ: 植物

2017年 環境学習プログラム①『春爛漫の天空回廊を歩こう』

昨日の5月20日(土) 六甲山では、朝から好天に恵まれ、 イベントへの参加者や登山に親しむ、家族連れやハイカーでにぎわいました。 県立六甲山自然保護センターレクチャールームでは、 環境学習プログラム『春爛漫の天空回廊を歩こう』が実施され、 主催は、六甲山自然案内人の会で親子など38名の参加者があり、 その内容を報告いたします。 講演内容は、六甲山地は、土砂災害の歴史であり、 防災対策、植林事業など人と自然の調和が図られきている。 六甲山地を取り巻く人々の歴史や背景を探り、 生物多様性のある自然環境が、この地域の魅力アップに貢献しているなど、 歴史的資料などを見せながらの興味深い話題提供でした。 続いて、山上の森林浴と自然観察では、草花の解説を聞き、 記念碑台周辺の山の案内人の観察コースを歩きました。 午後からは、グループに分かれて指導を受けながら、 木の枝や木の実で温度計を作りの楽しい工作をしました。 参加者方々は、は「六甲山の魅力が良く分かった」 「いろんな植物があるのを説明を聞いてわかった」 「温度計作りが楽しくおみやげができた。」などと喜んでおられました。 環境学習プログラム 六甲山の自然・環境・歴史文化を学習しよう!参加者大募集! 六甲山自然保護センターにおいて、環境学習プログラムを開催しています。 1.自然でも・・・例えば、モリアオガエル・トンボ・昆虫・池の生き物・野草茶等 2.環境でも・・・例えば、都市山のブナ林・六甲山の森林・ネイチャーゲーム等 3.歴史文化でも・・例えば、ひょうご150年のあゆみ・神戸開港150年・森のまつり等 六甲山の魅力を感じとれる活動ばかりです。 楽しいプログラムがいっぱいですので、ぜひ ご参加くださいね! 快晴の続く六甲山上 本日、5月21日(日)から、二十四節気では「小満(しょうまん)」です。 木々が若葉に覆われ、やや汗ばむような陽気の頃と言えますが、 六甲山上は、少し歩くと汗ばむ陽気ですが、 常緑樹はもちろん落葉樹もみずみずしい緑の若葉を見せて、 生き物にとり最も生育しやすい時期です。 六甲山記念碑台駐車場そばでは、フタリシズカ(二人静)が咲いています。 フタリシズカ(二人静)  センリョウ科 学名:Chloranthus serratus 花びらや萼は無く、花糸が卵形にひろがって雌しべを抱いてます。 フタリシズカと呼ばれるように茎は二本が原則ですが、 一本や三本のものもあり、多い場合は五本もあるそうです。 … 続きを読む

カテゴリー: 日本語, 植物 | コメントをどうぞ

賑わう記念碑台通り

昨日の悪天とは打って変っての日和で、記念碑台辺りは、大賑わいの一日でした。9時30分には、六甲山自然案内人による観察会が、大盛況で記念碑台をスタートに始まりました。神戸・六甲山ツーデーウォークも大盛況でした。 「年々、参加の人数が増えてくるなあ。」とは、ガイドハウス駐在での話。山や自然に親しむ方々の喜々とした表情がいいですね。   山に来られた方々は、何を目に焼き付けてくれたことでしょう。今を盛りに咲き誇るヤマツツジでしょうか?ヤマツツジは、新緑に朱色が鮮やかに映えます。別名アカツツジとも言うそうです。 人間の背の高さぐらいまでの低木をよく見ていると、約6mmほどの壺状の小さなかわいい花にも気づいたかもしれません。スノキと言って、葉を噛むと酸っぱいのです。これもツツジ科なのです。 足元をよく見れば、スミレ類はもうぐっと減り、葉脈が紫色でシソ科のツクバキンモンソウを見つけられたかもしれません。 しかし、気をつけなければならないウルシ科の中でも最強と言われる『ツタウルシ』は、ぜひ覚えておいてほしいものです。観察会で、注意を促された方もおられたかもしれません。ツタで三枚葉、葉柄は赤味を帯びています。皮膚の弱い方は、近くに寄るだけでもかぶれる、ということも聞きます。今日はきっといい汗をかいた人が多かったことと思います。この記念碑台近くの池では、モリアオガエルの親の鳴き声も聞こえます。産卵の時期が待ち遠しいのでしょうか?アジサイ類やウツギ類の花の季節も迫ってきました。次々に変わる自然の表情です。六甲山は、いつでも待ってくれています。      

カテゴリー: 日本語, 植物 | コメントをどうぞ