カテゴリー別アーカイブ: 日本語

日本語のポスト

コアジサイ開花~生物季節観測(5月編)から~(6月編)へ

咲き乱れ始めるコアジサイ--------------------------今、六甲山や摩耶山を登るとどこでも出会えるようになってきたのが、コアジサイです。アジサイの中で、最も早く咲く一つです。六甲山周辺では、5月21日に、油こぶしの下の方で、ブナの会が植樹している付近のコアジサイの開花が、一番早く報告されました。それから1週間ほどして、どんどんあちらこちらで一斉に咲き始めました。しかし、昨年は17日に咲いていたことを確認しているので、今年はサクラ同様、コアジサイも開花が遅かったようです。下の写真は、5月29日に、カスケードバレイの途中での開花の様子です。 花に近づくと、ほのかな香りが漂ってきます。ほんのり甘酸っぱいようにも感じます。他のアジサイは、これから順次咲いていきます。これから梅雨の季節に入っていくことを先導する花ですね。 6月の生物季節観測は、下の写真の植物です。何か分かりますか?昨年の枯れた花が残っています。 さあ、思い浮かんだでしょうか?花の色は、フジ色です。六甲山の至る所に咲き始めますよ。園芸店では、ブッドレアの名称で売られてもいます。その名は、フサフジウツギです。6月になって、フジ色の花を見つけると、このフサフジウツギかもしれません。ぜひ、6月の深緑の季節にも、六甲山地にお出かけいただいて最初に見つけてほしいものです。 6月の生物季節観測は、フサフジウツギです。

カテゴリー: 日本語, 植物 | コメントをどうぞ

摩耶古道ウォーク

とても気持ちのいいお天気の中、 摩耶山の古道散策、歴史や自然を満喫し、摩耶山をハイキングで散策する 【摩耶古道ウォーク】が開催されました。 歴史散策コースは、天上寺副貫主さんのご案内で、 掬星台~史跡公園(旧天上寺)~上野道~摩耶ケーブル下駅(約4km) 自然観察コースは、山の案内人のみなさまのご案内のA・B 2コース。 ・自然観察Aコース 掬星台~穂高湖~三国池~記念碑台(約4.5km) ・自然観察Bコース 掬星台~穂高湖~シェール槍~掬星台 (約3.5km) 摩耶山掬星台をスタートし、それぞれのコースを深緑の森林浴を楽しみ、 自然観察や歴史散策をしながら歩きました。 写真は、Aコースの自然散策の様子です。 15時には、自然観察Aコースのみなさま方が、無事 記念碑台に到着。 みなさま お疲れさまでした。 「山歩きを満喫できて楽しかったです。」 「知らない植物の詳しい解説が聞けて良かったです」等のお声がありました。 摩耶山は国立公園六甲山地区を代表する山であり、 豊かな自然を有し、また、古くから登山者をはじめとして 多くの人々に利用されてきた摩耶古道があります。 摩耶山の自然の価値と現状、歴史を周知するため、 エコツーリズムの一環として、 摩耶古道の自然観察・歴史散策ウォークを実施しています。 秋も11月に開催予定をしております。(このHPでも10月ごろ募集案内予定)              紅葉の時期もまた素敵ですよ。お見逃しなく! 六甲山上も日差しが強さを増し、山の緑も色濃くなってまいりました。 今日は、空気も澄んでいて記念碑台からは、神戸空港もよく見えました。 山の案内人の自然観察コースでは、 二つ池で、「コロコロコロ」とモリアオガエルの鳴き声が聞こえ、 「ピーリーリー、チュービービー、ジジ」と オオルリの特徴的な鳴き声が聞こえましたので、カメラを向けてみました。 遠くでしたので、拡大トリミングした荒い画像ですが、アップいたします。 オオルリは「瑠璃鳥」とも呼ばれ、 その美しく輝く青色の羽は見る人々の心に感動を与えますね。 ドライブウエイ沿いでは、周囲の緑から浮かび上がるように白く見える、 イワガラミ(岩絡み)の花が目につきました。 ツルアジサイと間違いやすいですが、ツルアジサイは3~4枚の飾り花があります。 イワガラミは葉の鋸歯が粗く、装飾花の花弁が1枚です。 来週の日曜日は夏山開きのグルーム祭が開催されます。 六甲山グルーム祭(夏山びらき) … 続きを読む

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

霧のかかった六甲山で~「六甲山の日」はご存知?

今日(5月25日)雨の中、8時40分発の六甲ケーブルに乗りると、すぐに霧の中に突入しました。雨の影響でケーブル沿線の小さな滝の水の量は多目です。ケーブル山上駅に着くと、気温は14℃。少し風を冷たく感じます。そして、山上では今、真っ白いミズキの花が満開でした。5月4日に同じ木のミズキの花は、右の写真のように、まだ蕾でした。20日間で一挙に、変身する姿に成長のすごさを感じさせられます。 ミッキーマウスの葉の形のアリマウマノスズクサには、それを食草としているジャコウアゲハが、ゆらゆらと飛んでいました。葉にとまったのを見定めて、ゆっくり近寄ってシャッターを押しました。 左の写真は、ツクバネウツギの花です。   「つくばね」というのは、羽子板の羽根のことです。どこが羽子板の羽根に似ているか分かりますか?白い花の根元の方に、5枚の星型のガクがありますね。それが、羽子板の羽根に似ているのです。だから、ツクバネウツギというのです。うまく命名するものですね。   右の写真は、コツクバネウツギの花です。よく上の花と似ていますが、違いを発見しましたか?              花の色が黄色味を帯びていますね。   上の花では5枚だったガクは何枚ですか??2枚ですね。ちょとした違いを見つけるのもおもしろいです。 もうすぐ「六甲山の日」6月5日~~~~~     6月4日のグルーム祭(六甲自然保護センター前広場にて)に引き続き、6月5日は「六甲山の日」です。ろっこうが65という語呂合わせに関係あるかもしれません。しかし、6月5日は、1972年に人類史上初めて地球環境について考える国連人間環境会議が開催された意義深い日です。国際的には、「世界環境デー」であり、日本では「環境の日」と定められています。六甲山地の適正な保全と利用について認識を新たにする節目にしたいです。また、より六甲山に親しみ、より六甲山を愛せるようになると最高ですね。そのためにも、ぜひ六甲山を訪れる日を増やしてください。

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

ガイド養成講座(第5期生)募集~~東お多福山草原生物多様性

ふるさとの山~六甲山~自然との関わり環境との関わりに関心のある方必須講座です。東お多福山は、ススキ草原を長年にわたって、保全してきました。ススキ保全の取り組みは、生物多様性につながっています。一度、東お多福山に登ってみませんか?           アクセスは、JR芦屋や阪急芦屋川からバスで東お多福山登山口バス停で降り、徒歩およそ35分です。講座全6回中、4回は、東お多福山で行われます。            第1回講座は、6月17日(土)13時半より「生物多様性と草原保全について」で、公開講座で神戸市教育会館で行われます。これからの時代ぜひ積極的に自然環境との接点を作っていこうではありませんか。 公開講座の案内は、第1回ガイド講座公開講座ちらし をご覧ください。 詳しい全6回のカリキュラムは、ガイド養成講座募集要項 をご覧ください。           申し込みされる方は、ガイド養成講座受講申込書 にご記入の上、下記の申込先まで、FAXまたは、メールにてお申込み下さい。 問い合わせ・申込先 兵庫県神戸県民センター県民交流室県民課            〒650-0004 神戸市中央区中山手通6-1-1               TEL:078-361-8629 FAX:078-361-8589         E-mail:kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp  

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

2017年 環境学習プログラム①『春爛漫の天空回廊を歩こう』

昨日の5月20日(土) 六甲山では、朝から好天に恵まれ、 イベントへの参加者や登山に親しむ、家族連れやハイカーでにぎわいました。 県立六甲山自然保護センターレクチャールームでは、 環境学習プログラム『春爛漫の天空回廊を歩こう』が実施され、 主催は、六甲山自然案内人の会で親子など38名の参加者があり、 その内容を報告いたします。 講演内容は、六甲山地は、土砂災害の歴史であり、 防災対策、植林事業など人と自然の調和が図られきている。 六甲山地を取り巻く人々の歴史や背景を探り、 生物多様性のある自然環境が、この地域の魅力アップに貢献しているなど、 歴史的資料などを見せながらの興味深い話題提供でした。 続いて、山上の森林浴と自然観察では、草花の解説を聞き、 記念碑台周辺の山の案内人の観察コースを歩きました。 午後からは、グループに分かれて指導を受けながら、 木の枝や木の実で温度計を作りの楽しい工作をしました。 参加者方々は、は「六甲山の魅力が良く分かった」 「いろんな植物があるのを説明を聞いてわかった」 「温度計作りが楽しくおみやげができた。」などと喜んでおられました。 環境学習プログラム 六甲山の自然・環境・歴史文化を学習しよう!参加者大募集! 六甲山自然保護センターにおいて、環境学習プログラムを開催しています。 1.自然でも・・・例えば、モリアオガエル・トンボ・昆虫・池の生き物・野草茶等 2.環境でも・・・例えば、都市山のブナ林・六甲山の森林・ネイチャーゲーム等 3.歴史文化でも・・例えば、ひょうご150年のあゆみ・神戸開港150年・森のまつり等 六甲山の魅力を感じとれる活動ばかりです。 楽しいプログラムがいっぱいですので、ぜひ ご参加くださいね! 快晴の続く六甲山上 本日、5月21日(日)から、二十四節気では「小満(しょうまん)」です。 木々が若葉に覆われ、やや汗ばむような陽気の頃と言えますが、 六甲山上は、少し歩くと汗ばむ陽気ですが、 常緑樹はもちろん落葉樹もみずみずしい緑の若葉を見せて、 生き物にとり最も生育しやすい時期です。 六甲山記念碑台駐車場そばでは、フタリシズカ(二人静)が咲いています。 フタリシズカ(二人静)  センリョウ科 学名:Chloranthus serratus 花びらや萼は無く、花糸が卵形にひろがって雌しべを抱いてます。 フタリシズカと呼ばれるように茎は二本が原則ですが、 一本や三本のものもあり、多い場合は五本もあるそうです。 … 続きを読む

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

賑わう記念碑台通り

昨日の悪天とは打って変っての日和で、記念碑台辺りは、大賑わいの一日でした。9時30分には、六甲山自然案内人による観察会が、大盛況で記念碑台をスタートに始まりました。神戸・六甲山ツーデーウォークも大盛況でした。 「年々、参加の人数が増えてくるなあ。」とは、ガイドハウス駐在での話。山や自然に親しむ方々の喜々とした表情がいいですね。   山に来られた方々は、何を目に焼き付けてくれたことでしょう。今を盛りに咲き誇るヤマツツジでしょうか?ヤマツツジは、新緑に朱色が鮮やかに映えます。別名アカツツジとも言うそうです。 人間の背の高さぐらいまでの低木をよく見ていると、約6mmほどの壺状の小さなかわいい花にも気づいたかもしれません。スノキと言って、葉を噛むと酸っぱいのです。これもツツジ科なのです。 足元をよく見れば、スミレ類はもうぐっと減り、葉脈が紫色でシソ科のツクバキンモンソウを見つけられたかもしれません。 しかし、気をつけなければならないウルシ科の中でも最強と言われる『ツタウルシ』は、ぜひ覚えておいてほしいものです。観察会で、注意を促された方もおられたかもしれません。ツタで三枚葉、葉柄は赤味を帯びています。皮膚の弱い方は、近くに寄るだけでもかぶれる、ということも聞きます。今日はきっといい汗をかいた人が多かったことと思います。この記念碑台近くの池では、モリアオガエルの親の鳴き声も聞こえます。産卵の時期が待ち遠しいのでしょうか?アジサイ類やウツギ類の花の季節も迫ってきました。次々に変わる自然の表情です。六甲山は、いつでも待ってくれています。      

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

万緑の六甲山 心惹かれる花々

二十四節気では「立夏」を迎え、 六甲山上 記念碑台周辺も、さわやかな風が吹き、夏の気配が感じられます。 暖かい5月の陽ざしをあびて、植物はぐっと大きくなり、 淡い緑色の葉っぱも、色が濃くなってきて、薄紫色のフジの花が彩を添えています。 枕草子には、 「木の花は、藤の花は、しなひ長く、色濃く咲きたる、いとめでたし」とあります。 記念碑台から六甲山ホテルやノースロードぬける、こもれびの道は、 山の案内人の観察コースとなっています。足元には、かわいいお稚児さんの行列です。 林内では日光があまり当たらないためか、 種で増えることは少なく、もっぱらランナー(走出枝)で増えます。 そのためか、群落があちこちに見られ、 林の中で自分の足で発見した時の感動は、 言葉では言い表せないほどです。 チゴユリの花言葉は、「恥ずかしがり屋」「純潔」だそうです。 この花にぴったりの花言葉ですね。 チゴユリ(稚児百合) イヌサフラン科チゴユリ属 学名:Disporum smilacinum 以前は ユリ科でしたので、小さな花を咲かせるのでチゴユリと名付けられました。 このように最初に付けられた名前も 科が変化してしまうと、 判り難くなることが多いですね。。。 ひっそりと控えめに咲いているのは。。。ウスギヨウラク 近づくと上品な香りがし、ほんのり紅をさしていて、なんとも愛らしい花です。 お寺の、建築物の破風などに垂れ下がる飾り瓔珞に似ている 薄い黄色の花の瓔珞で薄黄瓔珞(ウスギヨウラク)と名が付きました。 ウスギヨウラク (薄黄瓔珞)ツツジ科 ヨウラクツツジ属 学名:Menziesia ciliicalyx 別名:ツリガネツツジ(釣鐘躑躅) 山を歩いていると 心が和みます。 気持ちのいい季節の六甲山 記念碑台周辺散策はいかがでしょうか。 自然保護センター、ガイドハウス にも ぜひお立ち寄りください。

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

生物季節観測で、季節感を豊かに(5月編)

『生物季節観測』第2弾です。  4月は、フジの開花でした。大阪八尾方面での15日が一番早く、明石・西神中央辺りが20日、ノダフジの野田が21日、六甲アイランド22日、阪急六甲23日などでした。  さて、5月は、次の写真の植物です。今日(5月4日)撮影しました。下の葉は、何でしょう? どうですか?難しいですね。 では、昨年の5月17日に撮った花の写真が、下のものです。 雨の時期に似合う『アジサイ』の仲間で『コアジサイ』と言います。何とも言えずいい花の色でしょう。それに香りもいいのです。また、何日に、どこで咲いているのか見つけてみてください。しかし、フジのように、街の公園にはありません。少し山に登らなくては見られないでしょう。六甲山や摩耶山など六甲山地の中腹以上では、たくさん見られます。ぜひ、コアジサイを見つける楽しみも合わせて、山へハイキングにドライブにお出かけください。 六甲山記念碑台の近くでは、『ヤマナシ』が満開です。 また、公園のハナミズキの仲間である大木の『ミズキ』も、緑になった花のつぼみが、とても眩しいです。 新緑も絶好の季節です。淡い緑から濃い緑へと・・・『山笑う』から『山滴る』へ日々移りつつあります。

カテゴリー: 日本語, 植物 | コメントをどうぞ

六甲山の桜と春の花々

六甲山上の桜が見ごろを迎えました。 ツツジの季節から 1つ 巻き戻ってしまったかのようです。。。 記念碑台駐車場周辺の桜です。 また、自然保護センター裏の大島桜も見ごろを迎えています。 駐車場から記念碑台に上がる階段の途中の黄色い八重の桜も咲き始めました。 お山の上でのお花見はいかがでしょう、 六甲山上の桜はまだまだこれからも楽しめそうです。 桜の季節をもう少し味わってみてください。 本日のガイドハウス朝の気温は、17℃。 さわやかな天候で、GW中の日曜日ため、 たくさんのハイカーや家族連れでにぎわいました。 山の案内人の観察コースの一つ、六甲山ホテルコースでは、 タチツボスミレ、ニョイスミレ、シハイスミレなどのスミレが彩を添えています。 (写真は、タチツボスミレ) 二つ池近くで「コロコロコロ」と鳴く声は、モリアオガエルです。。。 白い大きな花をつけて目だっていたのは。。。オオカメノキ(大亀の木) 対生した大きな葉の上に、散房花序を出し、 小さな両性花の周りを白い大きな装飾花が取り巻いて華やかです。 名前の由来は葉の形が、亀の甲羅に似ているためだそうです。 別名は、ムシカリ(虫狩)で、名前の由来は、葉がよく虫に食べられることから、 その「虫食われ」からムシカリになったそうで、葉が虫に食べられるということは、 虫が集まり受粉の機会も増えます。 実は花ではなく、装飾花ですが、高いところに咲いているのでわかりませんね。。。 その横に枝先から出ている小さな花が、本当の花。 虫が多く来るように工夫しているのです。 GWは、ボランティアガイド(山の案内人)と一緒に、 自然の中に入ってみませんか。 知らなかった草花との出会い、野鳥や虫たちとの出会い等があります。 ちょっと入った林の中では、そっと自然の営みが繰り返されています。 季節の花や生き物など六甲山の自然について、 山の案内人の解説を聞きながら、 六甲山自然保護センター周辺のコースを約1時間ほど、 森林浴の散策をしていただけます。(参加費は無料です。) 新緑がきらめく六甲山での 山の案内人による自然観察会に、ぜひご参加ください。 六甲山上のとある池に青い鳥!!カワセミがいるんですね~ 漢字で「翡翠」と 書くように、美しく「飛ぶ宝石」とも言われています。 … 続きを読む

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

砂防は希望

~六甲山小学校の児童の作品展~ 六甲山自然保護センターでは、特別展「六甲山の災害展」を行っていますが、期を同じくして六甲山小学校の子どもたちによる『砂防は希望』の作品展が4月27日より始まりました。六甲山小学校だからこそできる生活に密着した作品です。ぜひ、子どもたちの取り組みをご覧頂きたいです。 1 実践のねらい 六甲山小学校のある六甲山では、花崗岩の風化により過去にたびたび土砂災害が発生しています。平成26年夏の大雨でも多くの児童が利用するケーブルカーが、土砂崩れにより不通となり、代替バスでの登校が半年間も続くことになりました。この教訓を踏まえて、防災教育として進めています。 2 実践の内容 【1】砂防ダムの役割を知る 砂防ダムの役割を知るために、国土交通省近畿整備局六甲砂防事務所との相談で、建設中の砂防ダム見学会を実施しました。六甲山の地質についても実感できました。 【2】過去の災害を知る(六甲山の地質について知る) ・昭和13年阪神大水害            ・昭和42年豪雨災害 ・平成26年災害 台風11号 【3】私たちにできること ・砂防ダムの有用性を市民に知ってもらうことを目的としたポスター作成のこと ・土壌の流失を防ぐために森に木を植える活動をしているボランティア団体と一緒に緑いっぱいの六甲山にということを念頭に笹刈りに参加するなどしていくこと ・後輩たちに土砂災害のことについて伝えていくこと     子どもたちが、六甲山のこと、自然のことに取り組むということは、未来へ向けてとてもうれしいことですね。そんな子どもたちの作品を喜んでいるかのように、保護センターの近くには、ミヤマキケマンが咲いていました。  

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ