作成者別アーカイブ: ガイドハウス

ミニ企画展「兵庫の野生動物」 開催中

今、記念碑台園地にあります、六甲山自然保護センター前では、 ゲンノショウコの花が見ごろを迎えています。 これから初秋にかけて次々と可愛い花を咲かせる、 ゲンノショウコを見に来てくださいね! その六甲山自然保護センターの展示室では、 8月末まで ミニ企画展 「兵庫の野生動物」 を開催しています。 主催は、丹波市青垣町にあります、兵庫県森林動物研究センターです。 兵庫県内の野生動物の生息状況や、 人と野生生物とのさまざまなあつれきを紹介し、 センターが推進する「科学的・計画的な野生動物の保全と管理」への 理解を得ることを目的に開催しています。 展示目的と内容 人と野生動物が共生するために知っておきたい 野生動物の生態や野生動物をめぐる問題などを、 はく製や解説パネル及び、パンフレット・ちらしの配布しています。 ・イノシシ・シカ・クマ・アライグマ・タヌキ等の野生動物のはく製、解説パネル ・六甲山南麓では、イノシシが人里に出てきて、人を襲うなど被害が生じているので、  「イノシシは、なぜ町に出没するの?。餌付けで何が問題なのかパネル展示。 ・兵庫県のツキノワグマ~知れば共存が見えてくる~、  ツキノワグマ保護管理計画に基づいた対策のパネル展示。  人と野生動物が共生などの外来種動物の生態系への影響や 生活環境への被害などの様々な問題についても解説しています。 場  所:兵庫県立六甲山自然保護センター本館展示室 開館時間:平日 9:30~15:00         土日9:30~16:00        月曜休館(祝日の場合は翌日休館) 入 館 料:無料 問合せ先:兵庫県立六甲山自然保護センター 本館        TEL:078-891-0616    今日の六甲山の朝9時の気温は23℃ 山の案内人による観察会でのみっけもの♪  「わぁ~これ、毒キノコちゃうん?」・・・のお声が・・・ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

木の実は秋の準備

暦のうえでは立秋を過ぎましたが、まだまだ夏の暑さ真っ盛り。 この暑さの中でも、 木々たちは着々と「実りの秋」を迎えるための準備を進めています。 頂部がとがった形の実は。。。 オニグルミ(鬼胡桃) クルミ科 果実は厚くて堅い皮におおわれ、堅果(けんか)と呼ばれます。 中にある種(仁)が食用になります。 記念碑台の駐車場の奥に植栽されている、コブシ(モクレン科)の実です。 うろこのような袋果が集まってついているので集合果と呼ばれます。 熟すと赤く色づき袋果が裂けて赤い種が顔を出してきます。 六甲山自然保護センター前スロープのところの植栽では、 ゲンノショウコが可愛い花をたくさん咲かせています。 うちかがみ げんのしょうこの 花を見る 高浜虚子 ゲンノショウコ(現の証拠)  フウロソウ科 フウロソウ属 学名:Geranium thunbergii げんのしょうこの おのれひそかな 花と咲く  種田山頭火 薬草として知られ、ゲンノショウコ、ドクダミ、センブリは、 日本の三大民間薬と呼ばれてます。 昔から下痢止めの薬草とされていて、陰干しにした全草を煎じて飲むと、 ぴたりと効くので「現の証拠」という名がついたといわれています。 「てきめん草」や「たちまち草:太知未知久佐(たちまちぐさ)」 「医者いらず」とも言われます。 薬効成分は、赤花も白花も変わりはないそうですが、 赤色は関西に多く、白色は関東に多いと言われていますが、 ここでは、赤白、仲良く咲いている光景に出会います。 ほっと癒される可愛い花ですが、 花言葉は「心の強さ」だそうです。 これから初秋にかけて次々と可愛い花を咲かせる、  ゲンノショウコを見に来てくださいね! 連日猛暑が続いていますが、 ここ何日か木陰に入ると通る風が 心もちやさしくなったような気がします。 六甲山に秋の気配を見つけに来てください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

来訪者でなくて来訪虫

ガイドハウスにおいてあった七夕の笹飾り。多くの来館者が、その短冊に願いごとをたくしていました。数えてみると、約100ほどありました。「無病息災」や「健康第一」「家内安全」などが2割強ほどあったでしょう。やはり日々の幸せをよく感じておられることがうかがえます。「モリアオガエルの卵が鳥に食べられませんように」や「赤ちゃんが無事に生まれますように」「サッカー選手になれますように」など微笑ましい願いごとも多いです。六甲山に関する願いごとも1割ほどあり、「また、みんなで六甲山に来れますように」というのは、うれしいことです。 さて、今日は、珍しい虫たちに出会いました。ガイドハウスの看板に引っ付いていたのは、オオミズアオというガでした。ガというと、蝶とちがって好き嫌いが2つに分かれがちですが、カメラを近づけてもじっととまっている姿は、凛々しかったです。 ガイドハウス横の壁に目を向けると、また、じっとしている虫がいるではありませんか?さて、この虫は、何だか分かりますか?足は何本でしょうか? 写真をよく見ても、脚は4本のように見えますが、前に伸ばしているのも実は2本の脚です。合計6本ということで、昆虫です。これは、ナナフシといいます。木の枝のようで、発見されないようにするのですね。長時間不動の姿勢ですから、カメラを近づけても、どこ吹く風、という感じです。セミも市街にはいないエゾゼミが騒がしく鳴いています。 葉っぱのしおり作りのワークショップも、とても喜んでいただいています。「こんなにすぐにできるなんて」「記念になりました」などなど、外国の方も楽しんでもらいました。山の日(11日)も過ぎ、そろそろ夏休みも後半戦。ぜひ六甲山に、徒歩でも車でも来てくださいね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ヤマナシの実と【夏の体験クラフトワークショップ】

“ヤマナシ”という木があるのをご存知でしょうか。 宮沢賢治の童話にも出てくるので、 名前だけは知っている人もいるかもしれませんね。 六甲山コレクション展の歴史探訪ウォークの時に ガーデンテラスの近くでたわわに実っているのをみつけました。 記念碑台駐車場の近くにもヤマナシの木があり、 直径3cmから4cmほどの実が数個 実ってました。 今年は例年より、実付きが良いように思います。 ヤマナシ(山梨) バラ科ナシ属 学名:Pyrus pyrifolia 六甲山の上部に点々としか見られません。 本州、四国、九州の人家に近い山地に多く見られることから、 古い時代に中国から渡来したという説があります。 食用の梨の原種で, 私たちが秋になると食べるさまざまな品種の日本ナシのルーツです。 実は、秋になると出回る「梨」を小さくした形です。 梨にはその名も石細胞という、種子を守るための硬い細胞があり、 食べるとジャリジャリした食感があります。 それが梨のおいしさでもありますが、 ヤマナシではそれが多すぎて、硬くて食べられないということのようです。 とても硬くてジャリジャリして、食用には向きませんが、 果実酒やジャムにすると、香りもあり美味しくなるそうです。 白くて可憐なヤマナシの花は、4月に咲きます。 春の花の時期は、白い花が木全体に咲き乱れて見事です。 今年の春の咲きっぷりは見事で、特に人目を引いていました。 来年、咲くのを楽しみに待ちましょう。 記念碑台には、お昼頃 子供会の団体さんが来られ 賑やかでした。 また風の通る 涼しい 自然保護センター(本館) レクチャールームにて 【夏の体験クラフトワークショップ】 自然のものを切り紙にしてみよう&木の実のクラフトを開催いたしました。 みなさんいい思い出になったと喜んでいただけました。 次回のワークショップ:自然のものを切り紙にしてみよう&木の実のクラフトは、 8月17日(木)、20日(日):無料 ですので、ぜひ ご参加ください。 8月6日(日) 今朝 9時半の気温は26℃ 歩くと汗ばむ陽気でrすが、木陰では心地よい風も吹き カナカナカナとヒグラシの鳴き声にも涼しさを感じます。 明日は、二十四節気の立秋。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ツクツクボウシの鳴き声 生物季節観測(8月編)

7月の生物季節観測が、アブラゼミの鳴き声ということで、『西神で7月8日が一番早かった』の情報がありましたことは、この前のブログで、お知らせしました。そして、8月は、観測の対象にユリの花を考えていたのですが、今日、タカサゴユリが咲いていることを見つけてしまいました。そこで、8月の生物季節観測は、またセミになりますが、ツクツクボウシの鳴き声にしました。今は、いろいろなセミの鳴き声が混在していますね。しかし、ツクツクボウシは、鳴き出すととても分かりやすいと思いますので、意識していつごろ鳴き始めるか、よく聞き分けてみてください。 さて、タカサゴユリを8月は想定していましたので、ここでは、ユリの紹介をします。 まずは、ウバユリです。茎からたくさんの花を華やかにつけるので、山道を歩いていると目を奪われます。漢字では、乳母百合と書きますが、名前の由来は、花が咲くころに、茎の下の葉が枯れるために、葉がないを歯がない、に重ね合わせ、歯がない老乳母に喩えたそうです。葉がないので、一層花が目立つのかもしれませんね。 次は、オニユリです。オニユリの葉の付け根には、焦げ茶色のむかごがあり、これで増えていきます。球根は食べられるので、昔から飢饉に備えるために食用球根として農村では喜ばれたようです。オニユリの名前の鬼の由来は、花の色が赤鬼の顔を、茎の色が赤鬼の手足を連想したようです。しかし、飢饉に備える植物であることから、きっと慈悲のある鬼だったことでしょうね。 そして、右の写真が、葉の付け根にあるムカゴです。よく似ているコオニユリには、ムカゴはありません。 最後は、8月の生物季節観測の対象にと考えていたタカサゴユリです。しかし、7月29日の今日、一輪咲いているのを見つけてしまいました。近年とても増えてきているようです。名前の由来は、台湾の高砂から渡来したためだそうです。 六甲山の山麓を歩く際、ユリの花を意識していると、案外いろんなユリを見つけられるかもしれませんね。暑いので、熱中症対策はいりますが、汗をかく運動を兼ねて山歩きをおすすめします。 8月の生物季節観測は、ツクツクボウシの鳴き声ですので、よろしくお願いします。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

【第2回六甲山コレクション展】講演会/歴史探訪ウォーク開催

特別展示スペースで好評開催中の第2回六甲山コレクション展  7月29日(土)「六甲山の開発2-昭和初期-阪神・阪急の開発競争」の 展示企画・協力:森地一夫さんによる、講演会、歴史探訪ウォークが開催されました。 まず、六甲ケーブル上駅でケーブルの巻上げを見学。 駅コンコースの地下にはケーブルカーシステムの心臓部・巻上場で、 六甲ケーブルの田爪さんから説明を受けました。 ケーブルカーは車両に動力を持たないため、 六甲山上駅の巻上場にある巻上機を使って動かしています。 車両の両端に45mmのロープを接続し、運転室からモーターを操作。 モーターが回転するとプーリーに動力が伝わり、ロープが巻き上げられます。 直径4.5mの3基の滑車が一斉に作動する様は圧巻です。 六甲ケーブル上駅の駅舎は、昭和7年の開業当時の姿をそのままとどめており、 重厚で昭和初期の華やかな雰囲気とレトロさを感じさせます。 平成12年「近畿の駅百選」、平成19年「近代化産業遺産」に認定されました。 開業以来六甲山の歴史を見守り続けています。 昭和天皇の行幸でも有名な展望台。 天覧台では、森地さんの解説で、昔の写真と比較しながら景色を眺めました。 会場を六甲ケーブル近くの六甲山地域福祉センターに移して、森地さんによる講演会 講演では、阪神と阪急の開発競争の様子を解説していただき、 意外と知られていない昭和初期の六甲山開発の様子を解説していただきました。 また六甲山に関する本や地図など貴重な資料もたくさん紹介されました。 講師の森地一夫さんは、HP「祖父の見た六甲山」を開設されています。 六甲山の開祖といわれるA.Hグルーム氏以降の 六甲山の開発史を探求する代表的な方です。 参加者の方々は、小さな疑問を大切にする森地さんの探求心に 大変感服されているご様子でした。 午後からは、歴史探訪ウォーク。 ガーデンテラスから記念碑台までを歩き、 昔の写真と現在とを見比べ、当時の様子に思いを馳せました。 第2回六甲山コレクション展 六甲山の開発2-昭和初期- 六甲山自然保護センター 特別展示スペースで好評開催中です!  第2回六甲山コレクション展 六甲山の開発2-昭和初期-  阪神・阪急の開発競争昭和初期の戦前には、まるで早慶戦そのままといわれた  六甲山開発の時代を阪神と阪急の開発競争を中心にご紹介しています。     場所:六甲山自然保護センター(神戸市灘区六甲山町北六甲・記念碑台)         入館料:無料                                    開館時間:平日9:30~15:00、土日祝9:30~16:00 休館:月曜  問合せ先:神戸県民センター 県民課 078-361-8629  展示企画・協力:森地 一夫氏(西宮市)事業連携:県立人と自然の博物館

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

霧が谷観察コースの今

『霧が谷観察コース』というのは、記念碑台の自然保護センター・ガイドハウスが無料で実施している観察コースの一つ。霧が谷観察コースは、谷と名がついているように、高低の落差の大きなコースで、観察しながらなら小1時間ほどかかります。この時期の植物では、何と言っても、ヤマアジサイ(山紫陽花)です。色が多種多様ですね。六甲山では、全体にピンク系よりもブルー系が多いようです。それは、六甲山を造る主な花崗岩が酸性を示し、酸性の場合、アジサイは青くなるからです。小学校の理科でリトマス試験紙を使って、酸性とアルカリ性の実験をしたことを思い出してみてください。リトマス試験紙は、逆に酸性ならピンクになったのですが・・・。霧が谷では、今、見事にヤマアジサイ・アジサイが咲き誇っています。 霧が谷コースには、ミズキ(水木)の大木があります。たくさんの実をつける時期になっています。大木ですが、このコースは谷ですので、上からも横からも見渡せますので、実のなっている様子は壮観です。ミズキの名前の由来は、早春に枝を切ると樹液がしたたり落ちるということからだそうです。 次は、ヒヨドリバナ(鵯花)です。名前の由来は、ヒヨドリが渡ってくるころ咲き始める、ということらしいですが、今はヒヨドリは、いつでもここらへんではいますね。 そして、ピンクのかわいい花は、シモツケ(下野)です。緑の中に映えますからすぐに目に飛び込んできます。下野の国(栃木県)で発見されこの名になったようです。 六甲ケーブル上駅から記念碑台にかけてもずっと咲きつつあるのが、キツリフネ(黄釣舟)です。花の形が帆掛け船を釣り下げているようにみえるため、ツリフネと呼ばれるそうです。 ところで、7月の生物季節観測のアブラゼミの鳴くのは、7月8日に西神方面での情報が一番早かったです。メリケンパークの辺りで13日にも鳴いていたそうです。ところで、記念碑台近くでは、昼過ぎごろからヒグラシがとてもよく鳴いています。夕方にはまだ早く、陽射しもあるのにどうしてだろう?不思議ですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

六甲山ガイドハウス前のナツツバキが咲き始めました

六甲山ガイドハウス前に植栽されているナツツバキの花が咲き始めました。 別名シャラノキ(娑羅樹) 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」は、 よく知られた平家物語の冒頭ですが、 これに続く「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす」の 沙羅双樹は、このナツツバキあるいはヒメシャラと言われています。 白い花が落ちると徐々に褐色に変わっていく様子を、 盛者もいつかは衰えていくことに例えたものなのでしょうか。 ただし、沙羅双樹はインドの高地などに生育し、 熱帯性の樹木のフタバガキ科の木本で、全く別種です。 こちらは、日本の気候風土では育たないそうで、 そこで、いつのまにか沙羅双樹といわれるようになったようです。 万葉集には、「娑羅双樹」としてあり、 また、江戸時代の貝原益軒編纂の「大和本草」には、 「本当に沙羅双樹であるかは不詳である」として「沙羅樹」が現れています。 材は、床柱や器具材として利用され、 また、樹形が整い涼しげなので庭木としても好まれます。 ナツツバキ(夏椿) ツバキ科ナツツバキ属 学名:Stewartia pseudocamellia ツバキに似た清楚な花は、花弁の縁に細かいぎざぎざが入っています。 この花は一日花で、せっかく開いても一日で花を落とします。 これが「盛者必衰の理を表す」と続く所以なのかおしれません。。。 そんな詮索はさておいて。。。 鮮やかな緑の葉に涼しげな白い花はとても美しく、 しばし暑さを忘れさせてくれるひとときでした。 標高の高い六甲山では、平地より少し遅れて咲く、ナツツバキ。 夏の一時期に味わえる儚き花の風情を楽しみに、六甲山ガイドハウスへお越しください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

涼を求めて~六甲山

夜明けに、ヒグラシのカナカナカナカナの声を聴くようになってきました。いよいよセミ本番の季節です。六甲ケーブルに乗り標高が上がっていくと、さすがに涼しくなってきます。午前8時30分ごろケーブル山上駅で、21℃でした。記念碑台では、最高気温で25℃でした。神戸市内よりは、5度以上低いでしょう。湿気が高いのは仕方がありませんが。 涼を求めて、その①は、暑さの中、ひっそり咲く花々を見つけることです。そのひそやかさは暑さを忘れさせてくれます。 上の写真の花の名は、『ヤマシグレ』。花の可憐さ優雅さに、ハッとさせられますが、この命名をした人にも脱帽します。なんと涼しげな名前でしょうか。 ひっそり咲くので注意深くしないと、つい見過ごしてしまいそうなコマユミの可愛い花です。このコマユミの葉の紅葉は、格別ですよ。 そして、もう一つの花は、ゲンノショウコです。これは白色ですが、赤色もあります。今自然保護センターの前の花壇でよく咲いています。センブリ・ドクダミと合わせ、日本三大薬草と言われています。下痢止め・胃によく、茶としても飲まれ、整腸のためにもよいと言われています。別名「イシャイラズ(医者いらず)」とも言われています。 涼を求めて、その②は、記念碑台の自然保護センターで、切り絵や葉っぱのしおりを作ってみてはどうですか?先日は、カップルや家族連れなどで、しおりにしたい自分の気に入った葉を探し、「いい記念になった」などと言いながら作成しておりました。     涼を求めて、その③は、以前、記念碑台近くのライスカレー屋さんがあった所に、新しくカフェがオープンしたことです。 暑さ本番の季節です。涼を求めて、ぜひ六甲山へお越しください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

The Second Mt. Rokko Collection Exhibition Materials in Foreign Languages Materials in English, Chinese and Korean are now available to help explain the various materials at The Second Mt. Rokko Collection Exhibition. There is a general outline pamphlet, a paper … 続きを読む

カテゴリー: English | コメントをどうぞ