作成者別アーカイブ: ガイドハウス

Second Rokkosan Collection Exhibition

Starting again from Mountain Day, June 3rd and going until August 13th at the Hyogo Prefectural Mt. Rokko Nature Conservation Center just above the Mt. Rokko Guide House. The theme this time is “The development of Mt. Rokko (part II): … 続きを読む

カテゴリー: English | コメントをどうぞ

自然観察・ハイキングで大賑わいの記念碑台

24日土曜日は、自然観察にハイキングにと多くの方々が六甲山を訪れました。 まずは、六甲自然案内人の会が、六甲の自然を愛する人の輪を広げていきたいという思いから、毎年行われている養成講座です。この記念碑台より観察のスタートが始まりました。ガイドハウス前のシチダンカを観察されていました。 この養成講座は、4月~12月まで行われます。興味のある方は、ぜひ来年度お申込みください。 それと並行して、六甲山を活用する会が、六甲山の魅力を再発見して頂こうとの思いからの市民セミナーが開催されました。 午前中は、同会が先週、親子向けにされていましたモリアオガエルの卵塊の観察をされていました。 生物多様性を考えた森の整備も和やかに行われていました。 午後からは、六甲山自然保護センターのレクチャールームで、新野幸次郎氏を講師に「六甲山を市民のものに」と題した講演をみなさん熱心に聞かれていました。 さて、植物は?、と言いますと、梅雨のアジサイと仲良しの植物で、今咲いているキヨスミウツボを紹介します。別名オウトウカ(黄筒花)です。この植物は寄生植物で、アジサイに寄生することが多いようです。寄生しているので葉緑素がなく緑ではないのです。 今週から、雨模様の天候が続くようですが、土日祝日は、雨でも、ガイドハウスから1時間程度の観察会を①11:00~②13:30~の2回行っていますので、ぜひ、記念碑台にお越しください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

環境学習プログラム② 「二つ池でモリアオガエルを調べよう!」

梅雨時ですが、好天の続いている六甲山です。 六甲山自然保護センターでは、環境学習プログラム ② 「六甲山子供パークレンジャー」特別観察シリーズ(1) 「二つ池でモリアオガエルを調べよう!」が開催され、 多くの子供たちとその家族の方々が参加されました。 レクチャールームでモリアオガエルの説明をうけ、 山の案内人の会の自然観察会のコースの二つ池の上下の池で モリアオガエルの卵塊などを観察。 今年は数が少ないのですが、木の枝にありました。。。 見ると白い泡のようなものが見えますが、蛙さんの卵です。 「延命のこぶくろ」とも呼ばれ、これを見ると縁起が良いと言われているそうです。 他にも森の観察、木の札づくりなどを楽しまれました。 六甲山自然保護センターでは、 すでに①、②のプログラムは終了しておりますが、 環境学習プログラムを開催しています。 六甲山の自然・環境・歴史文化を学習する、参加者大募集です! 六甲山の魅力を感じとれる活動ばかりです。 楽しいプログラムがいっぱいですので、ぜひ ご参加くださいね。 山上の観察コースでは、コアジサイが花盛り♪ 辺りに清々しい香りが漂っていました。 山の案内人さんの観察会で、ルーペでコアジサイを見られて、 大変、感動されたそうです。 コアジサイをルーペで見るととても素敵なんですよ。 こんな可愛い花、バイカツツジ(梅花躑躅)も咲き始めました。 六甲山は神戸の街からも気軽に登れて、四季折々と変化し、 これからの季節、鳥の鳴き声や植物の移り変わりが楽しみです♪

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

木イチゴの季節到来

梅雨の晴れ間の六甲山。阪急六甲から、記念碑台行きのバスに乗り、25分ほどで記念碑台のバス停だ。バスから降りると9時過ぎで、ひんやりする。10時になるとガイドハウスでは22℃。清らかな風が吹くと心地よい。そろそろ木イチゴができていないか、と確かめに出かける。昨年、たくさん食べた所へ向かうと、見つけた見つけた、ナガバモミジイチゴの実。これが実に甘くておいしいのだ。実は、上の写真の通り黄色である。葉の下側についている。だから、見落とすことがある。だから、葉の形を覚えておくといい。六甲山にはいたる所にありますから。 左の写真がそのナガバモミジイチゴの葉である。葉の長さは、8cmほどあった。しかし、葉の裏側に実がついているかどうか確かめる時にはご用心。イチゴの仲間は、トゲがある。そっと持ち上げて、トゲにさされないように!! 木漏れ日射す上を見上げると、葉の上側に隠れるように、アワブキの木の花のつぼみを発見。アワブキは、枝を火であぶると切口から、あわが出てくるので、アワブキという名前になったそうだ。 下も上もよく見ると、新たな発見がある六甲山。今からは木イチゴの季節。ぜひ発見しにお越し下さい。記念碑台には、六甲ケーブルや阪急直通バス(平日は運休)が便利です。      

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

“グルーム祭”六甲山の安全祈願と夏山びらき

本日、六甲山の開祖アーサー・ヘスケス・グルーム氏の業績を称えるとともに、 夏山シーズンの安全を祈願する、第34回六甲山グルーム祭が開催されました。 (会場:六甲山自然保護センター前の記念碑台) グルーム氏は、1846年にイギリス生まれ、貿易商として神戸に来航。 仕事のかたわら山上に別荘を建て、日本で最初のゴルフ場を作るなど、 私財を投じて六甲山観光の礎を築きました。 この功績を称え、この地に六甲山開祖の碑が設置され、 それが現在の記念碑台となっています。 開会前に会場近くの六甲山小学校のみなさんが、 グルーム像をていねいに洗い、 小学校全児童によるクラッカーで、グルーム祭が始まりました。 グルーム氏の曾孫にあたる方も参列され、 グルーム像の前での、神主さんによる安全祈願祭。 その後、六甲山幼稚園児から、 グルーム氏の曾孫にあたる方への花束を贈呈が行われました。 最後には、灘の酒樽の鏡開きあり、参加者に振舞われ、終了いたしました。 会場の記念碑台はグルーム祭開催と合わせたハイキング大会の参加者を含め、 1500人もの大勢の参加者でにぎわいました。 6月にしては、すがすがしい好天で、 朝9時過ぎの気温は18℃、お昼になっても18・5℃でした。 山の案内人の観察コースでは、ベニドウダンの花が咲いていました。 ベニドウダンといえば、濃い赤ですが、ここのは薄い色をしています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第2回六甲山コレクション展ー「山の日」制定記念特別展ー 

六甲山の開発2-昭和初期- 阪神・阪急の開発競争 ---------------「山の日」制定を記念しての昨年の第1回特別展「六甲山の開発はこうして始まった~明治・大正期の六甲山上探訪~」に引き続き、第2回特別展「六甲山の開発2-昭和初期―阪神・阪急の開発競争」と題し、昭和初期の開発の時代をご紹介します。         内容:六甲山開発は昭和に入り、阪神が有野村より山上一帯の75万坪の土地を購入したことから開発競走が始まりました。第1絶頂期というべき、にぎやかな六甲山の歴史をたどります。資料としてパネル展示(六甲山開発年表・古写真等)や当時のパンフレットや切符等の珍しい貴重な資料の展示をしています。                   (第1回の特別展も併せて展示しています。) 場所:県立六甲山自然保護センター TEL078-891-0616(神戸市灘区六甲山町北六甲) 時間:平日9:30~15:00 土日祝9:30~16:00                 休館:月曜(ただし、休館日が祝日又は振替休日のときはその翌日) ※講演会・歴史探訪ウォーク:7月29日(土)10:00~14:30          特別展示の協力者、森地一夫さんによる講演とガーデンテラスから記念碑台の歴史散策参加定員:40名先着順(参加費無料)                       主催・申込・問合せ:兵庫県神戸県民センターTEL078-361-8629           展示企画・協力:森地 一夫氏(西宮市)事業連携:県立人と自然の博物館

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

コアジサイ開花~生物季節観測(5月編)から~(6月編)へ

咲き乱れ始めるコアジサイ--------------------------今、六甲山や摩耶山を登るとどこでも出会えるようになってきたのが、コアジサイです。アジサイの中で、最も早く咲く一つです。六甲山周辺では、5月21日に、油こぶしの下の方で、ブナの会が植樹している付近のコアジサイの開花が、一番早く報告されました。それから1週間ほどして、どんどんあちらこちらで一斉に咲き始めました。しかし、昨年は17日に咲いていたことを確認しているので、今年はサクラ同様、コアジサイも開花が遅かったようです。下の写真は、5月29日に、カスケードバレイの途中での開花の様子です。 花に近づくと、ほのかな香りが漂ってきます。ほんのり甘酸っぱいようにも感じます。他のアジサイは、これから順次咲いていきます。これから梅雨の季節に入っていくことを先導する花ですね。 6月の生物季節観測は、下の写真の植物です。何か分かりますか?昨年の枯れた花が残っています。 さあ、思い浮かんだでしょうか?花の色は、フジ色です。六甲山の至る所に咲き始めますよ。園芸店では、ブッドレアの名称で売られてもいます。その名は、フサフジウツギです。6月になって、フジ色の花を見つけると、このフサフジウツギかもしれません。ぜひ、6月の深緑の季節にも、六甲山地にお出かけいただいて最初に見つけてほしいものです。 6月の生物季節観測は、フサフジウツギです。

カテゴリー: 日本語, 植物 | コメントをどうぞ

Groom Festival this Sunday June 4th!

Rokkosan as a place to relax and enjoy the outdoors can be attributed to Arthur Hesketh Groom (1846-1918) an Englishman that arrived in Kobe in 1868. He loved the outdoors, hiking, mountain climbing and enjoyed visiting the mountains just north … 続きを読む

カテゴリー: English | コメントをどうぞ

摩耶古道ウォーク

とても気持ちのいいお天気の中、 摩耶山の古道散策、歴史や自然を満喫し、摩耶山をハイキングで散策する 【摩耶古道ウォーク】が開催されました。 歴史散策コースは、天上寺副貫主さんのご案内で、 掬星台~史跡公園(旧天上寺)~上野道~摩耶ケーブル下駅(約4km) 自然観察コースは、山の案内人のみなさまのご案内のA・B 2コース。 ・自然観察Aコース 掬星台~穂高湖~三国池~記念碑台(約4.5km) ・自然観察Bコース 掬星台~穂高湖~シェール槍~掬星台 (約3.5km) 摩耶山掬星台をスタートし、それぞれのコースを深緑の森林浴を楽しみ、 自然観察や歴史散策をしながら歩きました。 写真は、Aコースの自然散策の様子です。 15時には、自然観察Aコースのみなさま方が、無事 記念碑台に到着。 みなさま お疲れさまでした。 「山歩きを満喫できて楽しかったです。」 「知らない植物の詳しい解説が聞けて良かったです」等のお声がありました。 摩耶山は国立公園六甲山地区を代表する山であり、 豊かな自然を有し、また、古くから登山者をはじめとして 多くの人々に利用されてきた摩耶古道があります。 摩耶山の自然の価値と現状、歴史を周知するため、 エコツーリズムの一環として、 摩耶古道の自然観察・歴史散策ウォークを実施しています。 秋も11月に開催予定をしております。(このHPでも10月ごろ募集案内予定)              紅葉の時期もまた素敵ですよ。お見逃しなく! 六甲山上も日差しが強さを増し、山の緑も色濃くなってまいりました。 今日は、空気も澄んでいて記念碑台からは、神戸空港もよく見えました。 山の案内人の自然観察コースでは、 二つ池で、「コロコロコロ」とモリアオガエルの鳴き声が聞こえ、 「ピーリーリー、チュービービー、ジジ」と オオルリの特徴的な鳴き声が聞こえましたので、カメラを向けてみました。 遠くでしたので、拡大トリミングした荒い画像ですが、アップいたします。 オオルリは「瑠璃鳥」とも呼ばれ、 その美しく輝く青色の羽は見る人々の心に感動を与えますね。 ドライブウエイ沿いでは、周囲の緑から浮かび上がるように白く見える、 イワガラミ(岩絡み)の花が目につきました。 ツルアジサイと間違いやすいですが、ツルアジサイは3~4枚の飾り花があります。 イワガラミは葉の鋸歯が粗く、装飾花の花弁が1枚です。 来週の日曜日は夏山開きのグルーム祭が開催されます。 六甲山グルーム祭(夏山びらき) … 続きを読む

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ

霧のかかった六甲山で~「六甲山の日」はご存知?

今日(5月25日)雨の中、8時40分発の六甲ケーブルに乗りると、すぐに霧の中に突入しました。雨の影響でケーブル沿線の小さな滝の水の量は多目です。ケーブル山上駅に着くと、気温は14℃。少し風を冷たく感じます。そして、山上では今、真っ白いミズキの花が満開でした。5月4日に同じ木のミズキの花は、右の写真のように、まだ蕾でした。20日間で一挙に、変身する姿に成長のすごさを感じさせられます。 ミッキーマウスの葉の形のアリマウマノスズクサには、それを食草としているジャコウアゲハが、ゆらゆらと飛んでいました。葉にとまったのを見定めて、ゆっくり近寄ってシャッターを押しました。 左の写真は、ツクバネウツギの花です。   「つくばね」というのは、羽子板の羽根のことです。どこが羽子板の羽根に似ているか分かりますか?白い花の根元の方に、5枚の星型のガクがありますね。それが、羽子板の羽根に似ているのです。だから、ツクバネウツギというのです。うまく命名するものですね。   右の写真は、コツクバネウツギの花です。よく上の花と似ていますが、違いを発見しましたか?              花の色が黄色味を帯びていますね。   上の花では5枚だったガクは何枚ですか??2枚ですね。ちょとした違いを見つけるのもおもしろいです。 もうすぐ「六甲山の日」6月5日~~~~~     6月4日のグルーム祭(六甲自然保護センター前広場にて)に引き続き、6月5日は「六甲山の日」です。ろっこうが65という語呂合わせに関係あるかもしれません。しかし、6月5日は、1972年に人類史上初めて地球環境について考える国連人間環境会議が開催された意義深い日です。国際的には、「世界環境デー」であり、日本では「環境の日」と定められています。六甲山地の適正な保全と利用について認識を新たにする節目にしたいです。また、より六甲山に親しみ、より六甲山を愛せるようになると最高ですね。そのためにも、ぜひ六甲山を訪れる日を増やしてください。

カテゴリー: 日本語 | コメントをどうぞ