銀世界の六甲山

昨日からの積雪で、いっきにケーブル山上・記念碑台は銀世界。気温は、マイナス5℃。新雪には、野生動物の足跡も見られます。途中の車道では、スリップしたのでしょう事故車が1台止まっていました。記念碑台からの眺めは、真っ白。雪で視界が見通せません。木々も雪に覆われています。ブナの木は、枯葉の上まで、ご覧の通りです。アジサイの花のあとにも、雪が積もっています。
ガイドハウスの屋根には、ツララです。
そんな中でも、記念碑台の園地は工事中です。ブルドーザーのエンジン音が聞こえます。

ガイドハウスから1時間足らずで行ける百閒滝の一昨日の様子です。七割方凍っていたそうです。ここでは、アイゼンが必須です。新聞に六甲山の滝の様子が載ったからでしょうか、滝を目指す方も来られました。 こんな寒さの中、アイスロードから登ってきたという登山客など、大勢の方々がガイドハウスを訪れています。本館が工事中のため、ガイドハウスの前では、ところせましと多くの登山客が昼食していました。「わあ、温かい」と言いながら館内に暖をとるために入られる方も多かったです。しかし、登山装備は整えてください。滝でなくともアイゼンを一応準備しておくほうがいいですね。
★(ご注意) 記念碑台では、工事中のため、お弁当を食べられないことをご予定に入れておいてください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド パーマリンク