涼を求めて~六甲山

夜明けに、ヒグラシのカナカナカナカナの声を聴くようになってきました。いよいよセミ本番の季節です。六甲ケーブルに乗り標高が上がっていくと、さすがに涼しくなってきます。午前8時30分ごろケーブル山上駅で、21℃でした。記念碑台では、最高気温で25℃でした。神戸市内よりは、5度以上低いでしょう。湿気が高いのは仕方がありませんが。
涼を求めて、その①は、暑さの中、ひっそり咲く花々を見つけることです。そのひそやかさは暑さを忘れさせてくれます。
上の写真の花の名は、『ヤマシグレ』。花の可憐さ優雅さに、ハッとさせられますが、この命名をした人にも脱帽します。なんと涼しげな名前でしょうか。

ひっそり咲くので注意深くしないと、つい見過ごしてしまいそうなコマユミの可愛い花です。このコマユミの葉の紅葉は、格別ですよ。

そして、もう一つの花は、ゲンノショウコです。これは白色ですが、赤色もあります。今自然保護センターの前の花壇でよく咲いています。センブリ・ドクダミと合わせ、日本三大薬草と言われています。下痢止め・胃によく、茶としても飲まれ、整腸のためにもよいと言われています。別名「イシャイラズ(医者いらず)」とも言われています。

涼を求めて、その②は、記念碑台の自然保護センターで、切り絵や葉っぱのしおりを作ってみてはどうですか?先日は、カップルや家族連れなどで、しおりにしたい自分の気に入った葉を探し、「いい記念になった」などと言いながら作成しておりました。

 

 

涼を求めて、その③は、以前、記念碑台近くのライスカレー屋さんがあった所に、新しくカフェがオープンしたことです。

暑さ本番の季節です。涼を求めて、ぜひ六甲山へお越しください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド, 植物 パーマリンク