摩耶古道ウォーク

とても気持ちのいいお天気の中、
摩耶山の古道散策、歴史や自然を満喫し、摩耶山をハイキングで散策する
【摩耶古道ウォーク】が開催されました。

歴史散策コースは、天上寺副貫主さんのご案内で、
掬星台~史跡公園(旧天上寺)~上野道~摩耶ケーブル下駅(約4km)

自然観察コースは、山の案内人のみなさまのご案内のA・B 2コース。
・自然観察Aコース
掬星台~穂高湖~三国池~記念碑台(約4.5km)
・自然観察Bコース
掬星台~穂高湖~シェール槍~掬星台 (約3.5km)

摩耶山掬星台をスタートし、それぞれのコースを深緑の森林浴を楽しみ、
自然観察や歴史散策をしながら歩きました。
写真は、Aコースの自然散策の様子です。

15時には、自然観察Aコースのみなさま方が、無事 記念碑台に到着。
みなさま お疲れさまでした。
「山歩きを満喫できて楽しかったです。」
「知らない植物の詳しい解説が聞けて良かったです」等のお声がありました。

摩耶山は国立公園六甲山地区を代表する山であり、
豊かな自然を有し、また、古くから登山者をはじめとして
多くの人々に利用されてきた摩耶古道があります。
摩耶山の自然の価値と現状、歴史を周知するため、
エコツーリズムの一環として、
摩耶古道の自然観察・歴史散策ウォークを実施しています。
秋も11月に開催予定をしております。(このHPでも10月ごろ募集案内予定)              紅葉の時期もまた素敵ですよ。お見逃しなく!

六甲山上も日差しが強さを増し、山の緑も色濃くなってまいりました。
今日は、空気も澄んでいて記念碑台からは、神戸空港もよく見えました。

山の案内人の自然観察コースでは、
二つ池で、「コロコロコロ」とモリアオガエルの鳴き声が聞こえ、
「ピーリーリー、チュービービー、ジジ」と
オオルリの特徴的な鳴き声が聞こえましたので、カメラを向けてみました。
遠くでしたので、拡大トリミングした荒い画像ですが、アップいたします。
オオルリは「瑠璃鳥」とも呼ばれ、
その美しく輝く青色の羽は見る人々の心に感動を与えますね。

ドライブウエイ沿いでは、周囲の緑から浮かび上がるように白く見える、
イワガラミ(岩絡み)の花が目につきました。
ツルアジサイと間違いやすいですが、ツルアジサイは3~4枚の飾り花があります。
イワガラミは葉の鋸歯が粗く、装飾花の花弁が1枚です。

来週の日曜日は夏山開きのグルーム祭が開催されます。
六甲山グルーム祭(夏山びらき)
6月4日(日)10:40~11:50 開催場所:記念碑台
今年で第34回を迎える六甲山の夏山開き。
六甲山の開祖アーサー・ヘスケス・グルームをたたえて、
夏山シーズンの安全を祈願します。
日本酒の振る舞いや六甲山・摩耶山の各施設のお楽しみ抽選会などもあります。             申込・費用:不要・無料
お問合せ先:六甲ケーブル下駅 078-861-5288
軽暑の心地よい季節です。
神戸市内からも身近な六甲山へお越しのおりは、
六甲山自然保護センター、六甲山ガイドハウスへぜひお寄りください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド パーマリンク