フサフジウツギの開花 生物季節観測(6月編)から~(7月編)へ

フサフジウツギが開花しました。
6月23日、六甲ケーブル下近くで見かけられたのが、最初の情報でした。それから、27日に有馬口・28日に住吉川沿いも咲いているのを見つけられたということでした。高所はまだですが、これから六甲山・摩耶山では、あちこちに現れることでしょう。右の写真は、住吉川で咲いているのを撮影し送って頂いたものです。いつも情報提供ありがとうございます。

7月の生物季節観測のテーマはアブラゼミの鳴き声です。セミたちが、いつの間にか鳴き始めたという記憶の方が多いと思います。今年は、一度自分の住んでいる辺りはいつごろから鳴くのか、意識して聞いてみてはどうでしょうか?朝早く起きると、いつごろからか何種類ものセミが鳴き始めます。鳴く順番があるのかな?ということも気づかれるかもしれません。アブラゼミは、「ジージージージー」、ヒグラシは「カナカナカナカナ」、ミンミンゼミは「ミーンミンミンミンミー」、クマゼミは「ワシワシワシワシ」、ツクツクボウシは、その名の通り、という鳴くイメージでしょうか。左上の写真は、今記念碑台の自然保護センターの標本展示してあるアブラゼミです。

ちなみに、六甲山の記念碑台周辺など、高所では、暖かいところの好きなクマゼミは鳴きません。しかし、温暖化で鳴く日がやってくるかもしれません。反対に、ハルゼミやエゾゼミが、とてもやかましく鳴きます。六甲山へ来られたら、耳を澄ませて聞き比べをしてみてください。

7月の生物季節観測は、アブラゼミの鳴き声です。

カテゴリー: 六甲自然ガイド, 植物 パーマリンク