初冬の六甲山記念碑台と全山縦走

今日の六甲山記念碑台は、午前10時で気温10℃。六甲自然保護センターの様子は一見寒そうですが、風がないときは、思ったよりも寒くありませんでした。この六甲山自然保護センターは、11月30日を持って、今年は閉館になります。

 自然保護センターの前のアジサイやゲンノショウコがある花壇などに、この時期ならば根を傷めることも少ないということで、寒肥えを入れていました。寒肥えは、1年間の感謝の意味も込めて施す肥料で、お礼肥えとも言われています。

春になり、新根が発生して植物全体が活動を始めるときに、根がいち早く容易に吸収する養分を供給できるようにするために行うのです。
これは、青いシートの下で枯葉を集め2年間ほどねかしたものです。そして、春の訪れに備えるのです。

お昼を過ぎてからは、六甲全山縦走に挑戦しているハイカーがガイドハウス前を通っていきます。六甲山上の信号機の前には、ガードマンもいつの間にか来られていました。須磨浦公園を午前5時にスタートした方々が、宝塚まで約56kmを歩き通します。 午後2時過ぎになっって、縦走のハイカーがグッとと増えました。
汗をかきかき先を急ぐ人、信号待ちで足を踏ん張りながらアキレスけんを伸ばす人、「摩耶山までがしんどくて、どうなるかと思った。」などと笑顔で嘆いている人、とそれぞれのいい表情が見られます。午後3時近くになって気温は7℃に下がりました。ここから宝塚までは、約5時間。きっとゴールに着くまでには真っ暗になることでしょう。けがのないようにと願います。

六甲山自然保護センター本館の閉館まであと1週間になりましたが、分館のガイドハウスは、まだ開館していますので、近くを通られるときは、ぜひお寄りください。

 

カテゴリー: イベント報告, 未分類 | コメントする

Rokko Zenzan Jyusou (Rokko Entire Mountain Hike)

Kobe CIty Rokko Zenzan Jyuso Map

Kobe CIty Rokko Zenzan Jyuso Map

Twice a year in the Autumn Kobe City holds a special Hike on Rokko-san called the “Rokko Zenzan Jyusou” (Rokko Entire Mountain Hike).

About the Hike

The course starts from an area called Suma, west of Kobe, and travels the top of the entire Rokko mountain range down to Takarazuka City. It is a beautiful way to really enjoy the sites of Kobe city and the surrounding areas as one enjoys the nature of the mountains.

The entire course is around 56km and goes from almost sea level up to 931.3 meters at the Top of Rokkosan before going back down to Takarazuka. It takes almost a full day to walk with many people starting early in the morning and hiking until late in the day. Each day there are around 300 people that walk the hike. The total time is around 15 hours to walk from one end to the other.

Rokko Zenzan Jyuso Area Map

Throughout the year this trail is very popular with many hikers, with Spring and Autumn be the most popular seasons. Some people walk different sections of the hike, so that after a period of them they can complete the entire course.

Rokko Zenzan Jyuso Sign Post

Kobe City publishes a Rokko Zenzan Jyusou Map (Japanese Only) for 400 yen. It was recently updated in June of 2017. There are sign posts along the path to help one stay on course.

Preparing

Many parts of the trail are quite challenging, so make sure to wear proper hiking shoes and clothes, take plenty of water and food. Being in the mountains, the weather can change suddenly, so having extra clothes, warm wear, rain gear and a headlight are also suggested. In some areas using hands for climbing makes things safer, so having gloves is also prudent.

It is always best to hike with a partner or party of people and in all cases let friends or family know before you head off, where you are planning to hike and your expected completion time.

Please respect the trail and other hikers, don’t litter or drop cigarette ashes or buds, and please carry any trash home back with you.


(Map provided by Yamakei Online)

The Mt. Rokko Guide House is close to the half way point, and a great place to take a break and rest your feet. We look forward to seeing you and hearing about your adventures on Rokkosan!

 

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

霧が谷観察コースの不思議

六甲山の記念碑台の観察コースの中の一つに霧が谷コースがあります。
紅葉の様子を見ながら谷を下っていますと、2本のモミジが隣り合って、一方は紅葉、一方は黄葉でした。違う種類のモミジかなあ、黄色に色づくモミジもありますから・・・。しかし、近づいてみるとどちらもイロハモミジではありませんか。隣同士なのでほとんど条件は同じなのに、不思議です。緑の色素が抜けて黄色の鮮やかな方と緑がまだ抜けきらないで赤色が出てくる方があるのです。人間の兄弟でもずいぶん違うということと似ているのでしょうか。緑色が完全になくなってからの方が、明るい赤になると言われますので、今黄色のモミジは鮮やかな明るい赤に今後なるのか?見ていかなければなりませんね。しかし、コントラストはとてもきれいでした。

霧が谷コースは、実のなる植物の多いコースで、実を探してみました。
コースに入ると、すぐ左手の石垣に、キヅタの実を発見。甲子園で有名なツタは、別名ナツヅタでブドウ科の落葉樹。それに対して、このキヅタは、別名フユヅタでウコギ科の常緑樹です。果実は、てっぺんの中心部が来年の5~6月に紫黒色に変ります。今も少してっぺんの色が違うのがわかりますね。

もう少し下っていきますと、右手側の日当たりのよい所にツルウメモドキ(ニシキギ科)の実がありました。名の通りツル性で、葉はほとんど落としていました。しかし、果実は鳥たちに目立つようにでしょうか、黄色の果皮と赤色のコントラストが心に残ります。果実が3裂していることも分かります。

さらに下がって、ツル性の植物が繁茂している所に、遠くからでもツヤツヤの実が輝いていました。ナス科のヒヨドリジョウゴです。葉は、アサガオのような3裂の葉がすぐそばにありました。この実は、だんだん赤色の輝く実に変っていきます。ヒヨドリがこの実を好んで食べるので、ヒヨドリジョウゴと言ううそうです。ナスの花の形に似た小さな白い花が下に落ちていました。

これ以上、下っていきますと、只今工事中の立て看板。通行止めです。目立った花はほとんどない季節ですが、よく見ると、ひっそり実を付けている植物にたくさん出会うことができます。実を発見できると何とうれしいことか。ここにもあったぞ!!山の楽しみ、ここにもあったぞ!!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

臨時閉館:29日(日)13時よりとヤマナシの実

台風22号接近で六甲山上記念碑台は、
10時過ぎから傘もさせないほどの暴風雨となりましたので、
兵庫県立六甲山自然保護センター、六甲山ガイドハウスは、
台風の影響の13時より、臨時閉館いたしましたので、
よろしくお願いいたします。

秋の行楽シーズンにもかかわらず、台風が2週連続での台風襲来。
先週の台風21号での風で落ちたと思われるこの実。
管理人さんが片付けの折に拾っておられたのですが、
何だかご存じでしょうか・・・

“ヤマナシ”をご存知でしょうか。
宮沢賢治の童話にも出てくるので、
名前だけは知っている人もいるかもしれませんね。
記念碑台駐車場の近くにもヤマナシの木があり、
今年は例年より、実付きが良く、数個 実ってました。

ヤマナシ(山梨)
バラ科ナシ属
学名:Pyrus pyrifolia

六甲山の上部に点々としか見られません。

本州、四国、九州の人家に近い山地に多く見られることから、
古い時代に中国から渡来したという説があります。
食用の梨の原種で,
私たちが秋になると食べるさまざまな品種の日本ナシのルーツです。
ヤマナシの木は、落葉高木で雌雄同株、
樹高10~15mほどの木で、現在栽培されている日本ナシの原種です。
私たちが秋になると食べるさまざまな品種の日本ナシのルーツと言える木が、
このヤマナシです。
日ごろ見かける店頭のナシをミニチュアにしたような実です。

梨にはその名も石細胞という、種子を守るための硬い細胞があり、
食べるとジャリジャリした食感があります。
それが梨のおいしさでもありますが、
ヤマナシではそれが多すぎて、硬くて食べられないということのようです。
果実酒やジャムにすると、香りもあり美味しくなるそうです。

初夏に樹冠を覆うように咲く純白の花は見事です。
清楚さにおいては、長恨歌で、
楊貴妃が悲しむ姿に例えられたナシの花を凌駕するものがあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

11月の生物季節観測はイロハモミジの紅葉です

11月の生物季節観測は、イロハモミジの紅葉です。麓から六甲山系を見上げれば、緑の濃さがまだらになり、ちらほらと茶色や黄色、紅色が混じるようになってきました。色づいてきたのですね。最低気温8℃が続くと色づき始めると言われます。次の月曜日からは、気温が下がりそうです。ただ茶色の中には、カシノナガキクイムシにやられたドングリの樹木が枯れているのもありますが・・・。
ハイキング道を登っていくと、早くもイロハモミジの木のテッペンあたりが色づいていることに気づきます。しかし、紅葉の判定は、その樹木全体がほとんど色づいた時なのです。その観点で紅葉を判断してください。では、なぜ樹木のてっぺんから色づくのでしょうか?それは、上の方にある葉の方が、昼間と夜間の温度差が大きいからです。その年によって、色づき具合がいいとかよくないとか言いますね。気温の寒暖差が大きく寒さが一気に来ると色づきがいいと言われます。それと同じです。さて、今年はどうでしょうか?
さて、このイロハモミジの葉は何日に色づくでしょうか?
イロハモミジは、モミジの中の代表選手。モミジの葉先の数を数える時に、昔は、イロハニホヘトと数えていたから、イロハモミジと言うそうです。今なら、アイウエオなので、アイウモミジ かもしれませんね。カエデ属の樹木は、日本には、約26種で、六甲山には、そのうち11種類があるそうです。
先日の台風一過で、六甲山の記念碑台付近では、特に北風が強かったようで、北側の斜面の倒木や枝葉の散乱が激しかったです。私たち山の案内人が土曜日と日曜日に案内している観察コースの一つのホテルコースは、北側斜面なので場所によっては、スギの葉が敷き詰められて絨毯のようにフワフワな道もありました。裏六甲ドライブウェイも台風の影響で一時通行止めでした。
そんな中でも、たくましく、そしてひっそりとセンブリの花が咲いていました。センブリは、薬草として知られています。千回煎じても薬効が消えないことからセンブリと言われたそうです。しかし、『良薬は口に苦し』の例えは、このセンブリにあるのではと言われるほど苦いのです。胃もたれを治す薬と言われますが、発毛効果の面でも注目されているそうです。
先日の台風の影響でハイキング道で新たに通行止めという情報はありませんでしたが、谷筋の道は、倒木や水たまり等の影響が特に心配です。ハイキングなど、充分気をつけて登ってきてください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド, 植物 | コメントする

15年にわたる「六甲山魅力再発見市民セミナー」最終回

台風接近で、大雨になりました。ガイドハウスの気温は、12℃(午前10時)でした。記念碑台の広場は、一面に水たまりができていました。展望は、真っ白です。黄色く色づいたブナの葉は、風に煽られていました。

その大雨の中、自然保護センターのレクチャー室では「六甲山魅力発見市民セミナー」が、約40名を集め開催されました。
この市民セミナーは、六甲山への関心を高める目的で始められ、今回が第132回で、15年にわたっての定期開催の最終回を迎えました。
「六甲山発郷土誌づくりの歩み」と題し、講師はこのセミナーを主催してきた堂馬氏でした。

注意報も出ている今日の天気では、さすがに登山者もほとんど訪れませんでしたしたし、山の案内人による観察会もできませんでした。六甲山のブナを研究している方が来られ、ブナの様子についての話は大いに盛り上がりましたが・・・。
台風が、ハイキングなどの道に影響を与えないか心配です。もし、土砂崩れ等で通れない道などの情報がありましたら、六甲山ガイドハウス(078-891-0808)まで、一報頂ければ、来館者への案内に役立ちますのでありがたいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

東お多福山養成講座と観察会は中止

明日、10月21日(土)の東お多福山草原生物多様性ガイド養成講座・秋の東お多福山草原観察会は、台風接近による雨天が予想されるため残念ですが中止とします。
また、延期予定日、10月22日(日)についても中止とします。

 

カテゴリー: イベント報告 | コメントする

Walking Times from the Mt. Rokko Guide House

The Mt. Rokko Nature Conservation Center & Mt. Rokko Guide House is centrally located at the one traffic light on Mt. Rokko.

Information to get to the Guide House can be found in the Access section at the bottom of the page. Once you are here, please be sure to stop by for a free map (available in several languages) and other information on what is happening on the mountain.

Roads and hiking trails from here lead in all four directions and there are many routes to choose from and places to go. Below is a list of places to travel to and the approximate walking times. Please note that depending on weather conditions these times can vary greatly.

North:

  • Gyozado: 30 mins
  • Arima-guchi (Shrine Road): 2 hrs

South:

  • Rokko Cable Sanjo Station: 15 mins
  • Rokko Cable Bottom: 10 mins via Cable
    • Via Abura-kobushi: 1 hr 15 mins
    • Via Ice Road: 1 hr 20 mins

East:

  • Kobe Golf Club House: 15 mins
  • Miyoshi Kannon: 25 mins
  • Hall of Halls: 25 mins
  • Rokkō Alpine Botanical Garden: 30 mins
  • Garden Terrace: 30 mins
  • Arima Ropeway: 30 mins
  • Country House: 35 mins
  • Gokuraku Chaya (Entrance to Koyodani): 45 mins
  • Rokkosan Peak: 1 hr 30 mins
  • Takarazuka: 5 hrs

West:

  • Mae-ga-Tsuji (Entrance to Ice Road): 10 mins
  • Choji-ga-Tsuji (Road down): 15 mins
  • Mikuni Pond: 25 mins
  • Diamond Point: 35 mins
  • Rokkosan Pasture: 40 mins
  • Somadani, Hodaka Lake: 50 mins
  • Mayasan: 1 hr 25 mins
  • Ichi-ga-Hara: 3 hrs
  • Shin-Kobe Station: 4 hrs

Happy Hiking!

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

秋の摩耶古道ウォーク 参加者募集中!!

六甲山では、山上の方から、落葉樹の木の葉が色づきはじめる季節となりました。
神戸県民センターでは、
摩耶山は国立公園六甲山地区を代表する山であり、
豊かな自然を有し、また、古くから登山者をはじめとして
多くの人々に利用されてきた摩耶古道があります。
摩耶山の自然の価値と現状、歴史を周知するため、エコツーリズムの一環として、
摩耶古道の自然観察・歴史散策ウォークを実施しています。

写真は、昨年の秋の摩耶古道ウォークAコースの自然散策の様子です。

参加者のみなさまからは、
「こんなにゆったり山の中を歩いて、満喫で来て良かったです」とのお声がありました。

秋の摩耶古道ウォーク
兵庫県神戸県民センターでは、摩耶山・六甲山の魅力を広く知っていただくため、
山の案内人の会、摩耶山観光文化協会と連携し、摩耶古道ウォークを実施します。

内容
 摩耶古道をゆっくり歩きながら自然観察や歴史散策を行います。
 自然観察コースは、山の案内人の会がガイドとして自然散策でご案内します。
 歴史散策コースは、摩耶山観光文化協会がガイドとして
          摩耶山の見どころを紹介します。
日時:2017年11月19日(日):雨天の場合:11月26日(日)
    10:30~15:00(集合:10:30)

集合場所:掬星台(摩耶ロープウェイ星の駅前)
募集人員:90名(30名×3コース)※先着順となります。
参加費:無料(ただし、交通費は自己負担)
  ※参加者には、まやビューラインの運賃割引があります。

持ち物:昼食、飲み物、タオル、帽子、雨具など
服装:登山靴、ハイキングができる服装
申込締切:10月31日(火)
実施コース:自然観察コースは、紅葉の中、
       自然観察をしながらゆっくり歩くコースです。
 ①自然観察Aコース:掬星台~アゴニー坂~穂高湖~三国池~記念碑台(約4.5㎞)
 ②自然観察Bコース:掬星台~アゴニー坂~穂高湖~シェール槍~掬星台(約3.5㎞)
 ③歴史散策コース:天上寺副貫主の案内で、旧参道の史跡を巡るコースです。
          掬星台~産湯の井~摩耶山天狗岩~摩耶山史跡公園~
          ~青谷道~バス停「青谷」(約3.5㎞)

申込方法:参加を希望される方は、「摩耶古道ウォーク」と記載のうえ、
      住所、氏名、性別、年齢、郵便番号、電話番号、希望コース名を明記し、
      郵送、FAX、またはEメールで下記申込先までお申し込み下さい。

問合せ・申込先:(株)神戸新聞事業社・摩耶古道ウォーク受付係 
            電話:078-862-8611(平日10:00~17:00)
            FAX: 078-230-4310  E-mail: kouen@i-do.jp

                 
主催:兵庫県神戸県民センター県民交流室
協力:山の案内人の会、摩耶山観光文化協会


日ごと色づく木々の美しさを堪能でき、幸せを感じる季節でもあります。
神戸市内からも身近な六甲山の自然の風景に、しみじみと癒されます。
みなさまのご参加をお待ちしております!

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

セイタカアワダチソウは、もう開花!

セイタカアワダチソウは、自然保護センターのある記念碑台で、10月2日に開花発見。
その後、いたる所でこの黄色の花が目に付くようになってきました。「これがセイタカアワダチソウですよ。」と紹介すると、「これは花粉症の原因になるのでしょう。」とよく言われます。しかし、これはセイタカアワダチソウにとっては、大いなる濡れ衣。花粉症の植物は、スギなどのように、花粉が風で運ばれる風媒花なのです。セイタカアワダチソウは、わざわざ黄色の花で、虫たちを呼んでいるので、虫媒花です。ということは、目立つ色をしているのは、風媒花でないと考えればいいでしょう。

そろそろ六甲山でも、実のなるシーズンを迎えています。
夏の終わりに真っ白い小さな花をたくさん咲かせていたセンニンソウは、その名の通り、この時期『仙人のヒゲ』を思わせる白い毛のついた果実をつけていました。センニンソウは、毒草であり薬草でもあります。

次に発見したのが、これまたつる性のヒヨドリジョウゴの実です。ヒヨドリがこの実を好むので、この名が付いたようです。葉の形のおもしろさとこの実の朱の鮮やかさがきっと印象に残ることでしょう。

しかし、よく見るとまだまだ小さな可憐な花たちも頑張って咲かせています。
これは、アキチョウジです。シソ科らしく青紫色の花です。秋に咲き、花の形が香辛料の丁子(グローブ)に似ているために、この名が付いたそうです。


六甲山は、秋本番です。実を探すのもよし、小さな花を探すのもよし、の季節です。ぜひ訪れてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする