六甲山ガイドハウス前のナツツバキが咲き始めました

六甲山ガイドハウス前に植栽されているナツツバキの花が咲き始めました。

別名シャラノキ(娑羅樹)
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」は、
よく知られた平家物語の冒頭ですが、
これに続く「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす」の
沙羅双樹は、このナツツバキあるいはヒメシャラと言われています。
白い花が落ちると徐々に褐色に変わっていく様子を、
盛者もいつかは衰えていくことに例えたものなのでしょうか。
ただし、沙羅双樹はインドの高地などに生育し、
熱帯性の樹木のフタバガキ科の木本で、全く別種です。
こちらは、日本の気候風土では育たないそうで、
そこで、いつのまにか沙羅双樹といわれるようになったようです。
万葉集には、「娑羅双樹」としてあり、
また、江戸時代の貝原益軒編纂の「大和本草」には、
「本当に沙羅双樹であるかは不詳である」として「沙羅樹」が現れています。

材は、床柱や器具材として利用され、
また、樹形が整い涼しげなので庭木としても好まれます。

ナツツバキ(夏椿)
ツバキ科ナツツバキ属
学名:Stewartia pseudocamellia

ツバキに似た清楚な花は、花弁の縁に細かいぎざぎざが入っています。
この花は一日花で、せっかく開いても一日で花を落とします。
これが「盛者必衰の理を表す」と続く所以なのかおしれません。。。
そんな詮索はさておいて。。。
鮮やかな緑の葉に涼しげな白い花はとても美しく、
しばし暑さを忘れさせてくれるひとときでした。
標高の高い六甲山では、平地より少し遅れて咲く、ナツツバキ。
夏の一時期に味わえる儚き花の風情を楽しみに、六甲山ガイドハウスへお越しください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

涼を求めて~六甲山

夜明けに、ヒグラシのカナカナカナカナの声を聴くようになってきました。いよいよセミ本番の季節です。六甲ケーブルに乗り標高が上がっていくと、さすがに涼しくなってきます。午前8時30分ごろケーブル山上駅で、21℃でした。記念碑台では、最高気温で25℃でした。神戸市内よりは、5度以上低いでしょう。湿気が高いのは仕方がありませんが。
涼を求めて、その①は、暑さの中、ひっそり咲く花々を見つけることです。そのひそやかさは暑さを忘れさせてくれます。
上の写真の花の名は、『ヤマシグレ』。花の可憐さ優雅さに、ハッとさせられますが、この命名をした人にも脱帽します。なんと涼しげな名前でしょうか。

ひっそり咲くので注意深くしないと、つい見過ごしてしまいそうなコマユミの可愛い花です。このコマユミの葉の紅葉は、格別ですよ。

そして、もう一つの花は、ゲンノショウコです。これは白色ですが、赤色もあります。今自然保護センターの前の花壇でよく咲いています。センブリ・ドクダミと合わせ、日本三大薬草と言われています。下痢止め・胃によく、茶としても飲まれ、整腸のためにもよいと言われています。別名「イシャイラズ(医者いらず)」とも言われています。

涼を求めて、その②は、記念碑台の自然保護センターで、切り絵や葉っぱのしおりを作ってみてはどうですか?先日は、カップルや家族連れなどで、しおりにしたい自分の気に入った葉を探し、「いい記念になった」などと言いながら作成しておりました。

 

 

涼を求めて、その③は、以前、記念碑台近くのライスカレー屋さんがあった所に、新しくカフェがオープンしたことです。

暑さ本番の季節です。涼を求めて、ぜひ六甲山へお越しください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ


The Second Mt. Rokko Collection Exhibition Materials in Foreign Languages

Materials in English, Chinese and Korean are now available to help explain the various materials at The Second Mt. Rokko Collection Exhibition.

There is a general outline pamphlet, a paper that explains the Exhibits in the Showcase, an explanation about the development of Mt. Rokko and the race between Hanshin and Hankyu in the early Showa Era as well as an eight page write up explaining each of the display boards. All of these are free to take home.

When visiting Rokkosan, be sure to stop by to learn about this fascinating part of Rokkosan History! Looking forward to seeing you on the mountain!

カテゴリー: English | コメントをどうぞ

第2回「六甲山コレクション展」講演会・歴史探訪ウォーク

昨年、「山の日(8月11日)」が国民の祝日に施行されたことを記念して、六甲山の歴史をたどる特別展「六甲山コレクション展」を六甲山自然保護センターで開催しました。
2回目となる今回は、「六甲山の開発2-昭和初期―阪神・阪急の開発競争」をテーマに開催しています。
貴重な展示資料を提供いただいた「森地一夫氏」による昭和初期の六甲山の開発についての講演と歴史ウォークを実施します。ぜひご参加ください。

日時:7月29日(土)10:00~14:30 (雨天の場合は講演会のみ実施)
場所:講演会:神戸市立六甲山地域福祉センター TEL078-891-1233
(神戸市灘区六甲山町西谷山1873-133)
歴史ウォーク:ガーデンテラスから記念碑台周辺
講師:森地 一夫氏
参加料:無料
定員:40名 ※先着順
【チラシ】六甲山コレクション展講演会・ウォーク
申込・問合せ:兵庫県神戸県民センター県民交流室県民課
TEL078-361-8629 FAX078-361-8589

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

おしゃれなカメムシと夏の体験ワークショップのお誘い

今日は、六甲山記念碑台周辺で見られた、おしゃれな虫のご紹介です。

まずは、山の案内人さんが見つけたのは。。。

六甲山ガイドハウス前に植栽されているアジサイの葉の上にいました。
シックな輝きのを放つ、七宝焼きのような金属光沢が美しい、
アカスジキンカメムシ(赤条金亀虫)
カメムシ目 カメムシ亜目 キンカメムシ科 キンカメムシ亜科
緑色地に赤色の模様が美しい大型のカメムシ(2㎝弱)。
まるでペンダントのような美しさに見とれてしまいます。
死ぬと、緑色の部分の鮮やかさがなくなって、暗緑色になってしまうそうですよ。。。
カメムシの仲間は臭いものが多いのですが、この種類は比較的臭さが少ない。
「歩く森の宝石」とも形容され、光が当たるとキラキラして見えます。
写真では、なかなか表現できてないので残念です。
幼虫は茶色に白の帯が入るシックな姿で、
脱皮を繰り返し成虫になると背中が金緑色になり、
赤い帯状の模様が入った姿に変身!
珍しい昆虫ではないですが、見られるのは稀です。

記念碑台駐車場の植え込みでも見つけましたよ!

何ともハートを背負った姿がキュートなエサキモンキツノカメムシ(江崎紋黄角亀虫)
こちらは、1.5㎝くらい.
江崎とは、命名者(記載者)の「ハセガワ」氏が、
昆虫学者・江崎悌三博士に捧げたためだそうです。
ちょうど、幼稚園の子供たちがたくさん来られていたので、
お声をかけると、その姿に興味津々。
茶色っぽい羽先はレインボウカラーでキレイに光って、大人気。
しばらく子供たちを喜ばせてくれました。

カメムシといえば、くさい虫として嫌われがちですが、
しかし実は、とってもおしゃれな模様の種類が多いそうですよ。

7月に入りました。
今朝の六甲山記念碑台は、9時30分の気温は21℃で、幻想的な霧に包まれていました。

本日より、恒例の【夏の体験クラフトワークショップ】開催です。
初日の今日は、『①自然のものを切り紙にしてみよう』
あいにくのお天気でしたが、「いいお土産ができた」、「夏休みの宿題にいいですね」、
「六甲山の思い出になりました」等々と 好評をいただきました。

【夏の体験クラフトワークショップ】
①自然のものを切り紙にしてみよう
②自然の葉っぱでしおり作りをしてみよう
開催場所:兵庫県立六甲山自然保護センター
展示室もしくは、レクチャールーム
開催日:①自然のものを切り紙にしてみよう
7月1日(土)、16日(日)、8月6日(日)、17日(木)、20日(日)

②自然の葉っぱでしおり作りをしてみよう
7月8日(土)、23日(日)、8月3日(木)、10日(木)、12日(土)

開催時間:10:00~15:00 随時受付 無料
※ただし、業務の都合により変更あり
【夏の体験クラフトワークショップ】 夏の思い出に ぜひ ご参加ください!!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

フサフジウツギの開花 生物季節観測(6月編)から~(7月編)へ

フサフジウツギが開花しました。
6月23日、六甲ケーブル下近くで見かけられたのが、最初の情報でした。それから、27日に有馬口・28日に住吉川沿いも咲いているのを見つけられたということでした。高所はまだですが、これから六甲山・摩耶山では、あちこちに現れることでしょう。右の写真は、住吉川で咲いているのを撮影し送って頂いたものです。いつも情報提供ありがとうございます。

7月の生物季節観測のテーマはアブラゼミの鳴き声です。セミたちが、いつの間にか鳴き始めたという記憶の方が多いと思います。今年は、一度自分の住んでいる辺りはいつごろから鳴くのか、意識して聞いてみてはどうでしょうか?朝早く起きると、いつごろからか何種類ものセミが鳴き始めます。鳴く順番があるのかな?ということも気づかれるかもしれません。アブラゼミは、「ジージージージー」、ヒグラシは「カナカナカナカナ」、ミンミンゼミは「ミーンミンミンミンミー」、クマゼミは「ワシワシワシワシ」、ツクツクボウシは、その名の通り、という鳴くイメージでしょうか。左上の写真は、今記念碑台の自然保護センターの標本展示してあるアブラゼミです。

ちなみに、六甲山の記念碑台周辺など、高所では、暖かいところの好きなクマゼミは鳴きません。しかし、温暖化で鳴く日がやってくるかもしれません。反対に、ハルゼミやエゾゼミが、とてもやかましく鳴きます。六甲山へ来られたら、耳を澄ませて聞き比べをしてみてください。

7月の生物季節観測は、アブラゼミの鳴き声です。

カテゴリー: 日本語, 植物 | コメントをどうぞ

Tanabata : 七夕 : Star Festival

Bamboo "Wish Tree" at the Rokkosan Guide House

The “Star Festival” is celebrated in many countries in Asia. In Japan it is call Tanabata (七夕 in Japanese, meaning the “Evening of the Seventh”).

It is a celebration of the meeting of the lover deities Orihime and Hikoboshi (represented respectively by the stars Vega and Altair). The Milky Way separates these lovers and it is only on the seventh day of the seventh lunar month are they allowed to meet.

In many areas of Japan it is celebrated on July 7th, but since the seventh lunar month is closer to August, in some places it is celebrated on August 7th.

In modern Japan, this festival is celebrated with many colorful streamers, decorations and wearing Yukata, traditional Japanese summer attire. Also leading up to the festival people write wishes, sometimes in the form of poetry, on small pieces of paper (短冊 Tanzaku) and hang them on sticks of bamboo along with other colorful decorations. After the Tanabata festival, these decorations are often burned or set afloat on a river.

Every year the Rokkosan Guide House also decorates cut bamboo so that hikers and visitors can write their wishes to attach. When visiting Rokkosan, please stop by to write your wish and attach it. We are looking forward to seeing you!

Some of the Wishes people have left on our Tanabata Wish Tree

カテゴリー: English | コメントをどうぞ

Second Rokkosan Collection Exhibition

The Second Rokkosan Collection Exhibition

Starting again from Mountain Day, June 3rd and going until August 13th at the Hyogo Prefectural Mt. Rokko Nature Conservation Center just above the Mt. Rokko Guide House.

The theme this time is “The development of Mt. Rokko (part II): development race between Hanshin and Hankyu in the early Showa Era” and the pictures, and explanations detail the rivalry between the to large transportation companies and how they developed tourism on Rokkosan. Brochures, advertisements, videos and other materials from this era show how each tried to gain market share over the other.

Panels from the first Exhibition “The development of Mt. Rokko started like this: exploring Mt. Rokko back in the Meiji and Taisho Eras” are also on display.

Open Hours:
Weekdays 9:30-15:00
Sat, Sun, Holidays 9:30-16:00
Closed on Mondays

Free to Enter

English, Chinese and Korean explanations are currently being produced and are planned for display the near future.

カテゴリー: English | コメントをどうぞ

自然観察・ハイキングで大賑わいの記念碑台

24日土曜日は、自然観察にハイキングにと多くの方々が六甲山を訪れました。
まずは、六甲自然案内人の会が、六甲の自然を愛する人の輪を広げていきたいという思いから、毎年行われている養成講座です。この記念碑台より観察のスタートが始まりました。ガイドハウス前のシチダンカを観察されていました。
この養成講座は、4月~12月まで行われます。興味のある方は、ぜひ来年度お申込みください。

それと並行して、六甲山を活用する会が、六甲山の魅力を再発見して頂こうとの思いからの市民セミナーが開催されました。
午前中は、同会が先週、親子向けにされていましたモリアオガエルの卵塊の観察をされていました。

生物多様性を考えた森の整備も和やかに行われていました。

午後からは、六甲山自然保護センターのレクチャールームで、新野幸次郎氏を講師に「六甲山を市民のものに」と題した講演をみなさん熱心に聞かれていました。

さて、植物は?、と言いますと、梅雨のアジサイと仲良しの植物で、今咲いているキヨスミウツボを紹介します。別名オウトウカ(黄筒花)です。この植物は寄生植物で、アジサイに寄生することが多いようです。寄生しているので葉緑素がなく緑ではないのです。

今週から、雨模様の天候が続くようですが、土日祝日は、雨でも、ガイドハウスから1時間程度の観察会を①11:00~②13:30~の2回行っていますので、ぜひ、記念碑台にお越しください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

環境学習プログラム② 「二つ池でモリアオガエルを調べよう!」

梅雨時ですが、好天の続いている六甲山です。

六甲山自然保護センターでは、環境学習プログラム ②
「六甲山子供パークレンジャー」特別観察シリーズ(1)
「二つ池でモリアオガエルを調べよう!」が開催され、
多くの子供たちとその家族の方々が参加されました。

レクチャールームでモリアオガエルの説明をうけ、
山の案内人の会の自然観察会のコースの二つ池の上下の池で
モリアオガエルの卵塊などを観察。

今年は数が少ないのですが、木の枝にありました。。。
見ると白い泡のようなものが見えますが、蛙さんの卵です。
「延命のこぶくろ」とも呼ばれ、これを見ると縁起が良いと言われているそうです。
他にも森の観察、木の札づくりなどを楽しまれました。

六甲山自然保護センターでは、
すでに①、②のプログラムは終了しておりますが、
環境学習プログラムを開催しています。
六甲山の自然・環境・歴史文化を学習する、参加者大募集です!
六甲山の魅力を感じとれる活動ばかりです。
楽しいプログラムがいっぱいですので、ぜひ ご参加くださいね。

山上の観察コースでは、コアジサイが花盛り♪
辺りに清々しい香りが漂っていました。
山の案内人さんの観察会で、ルーペでコアジサイを見られて、
大変、感動されたそうです。
コアジサイをルーペで見るととても素敵なんですよ。

こんな可愛い花、バイカツツジ(梅花躑躅)も咲き始めました。

六甲山は神戸の街からも気軽に登れて、四季折々と変化し、
これからの季節、鳥の鳴き声や植物の移り変わりが楽しみです♪

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ