Happy New Year! Snow and Paper Crafts!

Sunrise on Rokkosan

Sunrise on Rokkosan

Happy New Year!

Dog walking in the snow

Dog walking in the snow

In many Asian countries, 2018 is the Zodiac “Year of the Dog” (). Rokkosan is a wonderful place to walk dogs and one can often see many people out for a nice walk with their pets. For those visiting with animals, please remember to be considerate of others and to clean up after your pet.

At the beginning of the year it got quite cold (-10c at places) and there was about 10cm of snowfall making for a beautiful winter wonderland. The weather has warmed up slightly, and most of the snow has melted, but the end of January through into February is the real winter season for Rokkosan, so be sure to dress warm and wear proper shoes for walking where their might be snow.

Rokkosan Snow Banks

The winds often make large beautiful Snow Banks on Rokkosan

While the Mt. Rokko Nature Conservation Center is currently closed for renewal construction, the Mt. Rokko Guide House is open as usual. It is a great place to pick up information about what is happening on Rokkosan, rest your feet, get something to drink and warm up a bit.

The Rokko Cable Car is celebrating over 85 years of service and has produced a paper craft for both of the Cable Cars. There are a few left, so when you are visiting Rokkosan, stop by and pick up one, or even make it here as a memory of your visit.

Rokko Cable Car Paper Craft

Rokko Cable Car Paper Craft

We wish everyone a happy and healthy year filled with lots of outdoor activities and fresh mountain air.

See you on Rokkosan!

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

六甲山、今年もよろしくね

1月11日、電車の窓から六甲山を見上げると、上部は雪景色。昨日、平地でもミゾレ混じりの雨が降っていたので六甲山上ではどうなっているんだろうと、標高244mの下駅を午前9時発のケーブルに乗る。出発すぐの様子は、雪はほんの少しある程度でした。しかし、どんどん登っていくと、いつの間にかまわりに雪が現れ、上から下ってくるケーブルとすれ違う中間点付近では、グッと雪が積もる状態となりました。ケーブルの窓からは、樹木に積もった雪が輝いていました。約10分で、標高738mの六甲山上駅へ。約500mの標高の違いで、景色は一変。気温は、氷点下5℃でした。六甲山上駅から歩いて20分足らずで、六甲山記念碑台のガイドハウスに着きました。1月5日から工事の始まった記念碑台ですが、さすがに雪の今日は工事は中止のようです。記念碑台に登ってみると、雪の中の東屋でも休んでいる登山者がいました。自然保護センターも工事になりますので、今の建物の雪景色は最後になることでしょう。少し足を延ばして、自然観察コースの一つの二つ池にいきますと、雪の厚みを足の裏で感じることができます。凍った池の上に雪が積もっていました。モリアオガエルが卵を産むこの池の周りに、たくさんのカエルたちが土の中で冬眠していることを思うと、自然の神秘さ・痛快さを感じます。この池は、山の北側にあたりますので、一層寒さが厳しいのでした。自動車は、雪用タイヤでなければ危ないです。気をつけてこの標高差の体験をぜひ味わいに来てください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

六甲山、今年もありがとう

今年も今日を含めて残すところ9日間となりました。2017年の一年間も、可憐な花・おいしい実・さまざまな葉・冬を耐える芽、素敵な香り・快い鳴き声等等、私たちを楽しませてくれました。生き物たちにとっては、今は眠りの時と言っていいでしょう。
今日は、ガイドハウス10時で気温7℃と寒さも一休みです。しかし、池には氷が張っていました。これは、今日(23日)の六甲山記念碑台の近くにあるひょうたん池です。池の中に樹木の育った小島があるのが分かるでしょうか?これは以前、この池に張った氷を切り出しやすくするための小島だったそうです。このような小島のある池が六甲山上にはたくさんあります。アイスロードという名前の登山道がありますが、これらの池から氷を運びおろしていた道だったそうです。
このひょうたん池の近くの道に霜柱ができていました。柱のように立っている氷が分かるでしょうか?霜柱は、土の中の水分が凍った氷の柱なのです。土を持ち上げています。足で踏むとサクサクという氷が砕ける音がします。
そんな冬景色の中でも植物たちは着実に、来春の準備をしています。これは、イロハモミジの冬芽です。モミジは、秋の紅葉の時は印象深いですが、冬の芽もこうやって見ますと青空にも映えとてもかわいいものですね。この小さな芽の中に、春への命が詰まっていると思うと感慨深いものがあります。
やっぱり、「六甲山、今年もありがとう」ですね。
そして、今年も多くの方々、六甲山を訪れて頂き、自然保護センター・ガイドハウスにも来館頂きありがとうございました。

 

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

Bird’s Eye View

Bird’s Eye View: The Hyogo Prefectural Mt. Rokko Nature Conservation Center and Mt. Rokko Guide House.

Bird’s Eye View: The Hyogo Prefectural Mt. Rokko Nature Conservation Center and Mt. Rokko Guide House.

A Different Point of View: Bird’s Eye View

With the permission of Hyogo Prefecture, we took some beautiful pictures via Drone above the The Hyogo Prefectural Mt. Rokko Nature Conservation Center and Mt. Rokko Guide House.

Looking at Rokkosan from this bird’s eye view, one can envision the fantastic views that the birds have as they fly about the mountain. Often when one thinks of Japan, endless cities is what comes to mind, but in actuality much of Japan is made up of forests and green areas that are wonderful for hiking and enjoying nature.

Shinrin-Yoku” (森林浴)

Looking north east over the back side of Rokkosan.

Looking north east over the back side of Rokkosan.

In fact “Shinrin-Yoku” (森林浴) or “Forest Bathing” is gaining popularity all over the world. When one takes even a short, leisurely walk through a forest, breathing in the clean forest air, there are many health benefits. Scientists have even shown that physical as well as mental health improves from this practice. “Shinrin-Yoku” has been shown to help lower heart rate, blood pressure as well as reduce stress and increase immunity systems. Better moods and feelings of wellbeing are also improved from bathing in nature.

There are many sites that offer information about this, and Rokkosan is a great place to visit to take a wonderful walk in the woods.

360 Degree Views

Below are some 360 degree views from above the Nature Conservation Center and Guide House. Please note that not all browsers support this technology (Google Chrome is suggested).

360 High View of Rokkosan
360 Lower View of Rokkosan

Floating with the clouds above Rokkosan overlooking Osaka bay.

Floating with the clouds above Rokkosan overlooking Osaka bay.

If one is considering to fly a drone in Japan, make sure to first obtain permission and also check and follow all rules and regulations. With fines of up to 500,000 yen, before taking off, it is best to make sure one is following the current Drone laws, and any particulars rules for the areas one is thinking of flying.

Useful information is available on the Japan Civil Aviation Bureau home page for “Japan’s safety rules on Unmanned Aircraft (UA)/Drone.” Additional information on the Drone Law Japan Site.  DJI provides a multilingual searchable online zone map for flying at their DJI “Fly SafeGEO ZONE MAP” page.

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

今冬、初積雪の六甲山!!

今朝午前9時の六甲ケーブルに乗りトンネルをくぐり、下りケーブルカーとすれ違う中間点のあたりになると、白さが目立ち始め、みるみるうちに一挙に積雪が広がり見渡す限りの雪景色となりました。ケーブル山上駅の気温は、ちょうど0℃でした。神戸市街では昨日から雨でしたが、六甲山上では雪だったのでしょう。山上から遠景は望めず白さに覆われていました。ケーブル山上駅から、記念碑台へ向かうバス道の途中にあるヒメシャラ(ツバキ科)の樹木には、雪が片方だけ積もっていました。ヒメシャラの樹皮はまだらな橙色ですし、この木は道路側に湾曲しているのですぐ見つけられると思います。それからは、雪景色を堪能しながら、一歩一歩滑らないように用心しながら登りました。ガイドハウスに到着すると、ここでも気温0℃。前にある椅子には雪が積もっていました。路面は少し滑るところもあり、ノーマルタイヤの車で来られた方は、「こんなに積もっているとは思っていなかった。十分に気を付けて帰らなければ。」と話されていました。
 ガイドハウスの信号を渡ったところにあるツゲ池は、写真の通り凍っていました。
これからは、雪対策も念頭において、六甲山へ訪れてくださいね。

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

Tis the Season

Decorations at the Mt. Rokko Guide House

Decorations at the Mt. Rokko Guide House

While there have only been light snow flurries so far, from the temperatures and festive atmosphere on Rokkosan, the winter holiday season has arrived.

Both stations as well as each car of the The Rokko Cable Car have been dressed up to get one into the holiday sprit as one rides up to the top of the mountain.

Festive Lights wait at the Rokko Cable Car Station

Festive Lights wait at the Rokko Cable Car Station

 

 

The Rokko International Musical Box Museum is having a special display of “Nutcrackers and Candy Houses.” from November 27th, 2017 to December 25th, 2017. They are playing holidays songs on the various music boxes, festive decorated trees and wreaths grace the area. There are Nutcracker dolls displayed as well as beautiful delicious looking candy houses that have been created by various Kobe area Chefs. The sweet aroma, holiday music sounds and sights are a joy for all of the senses.

Sweet Spectacular Mouthwatering Gingerbread Houses created by local Kobe Chefs

Sweet Spectacular Mouthwatering Gingerbread Houses created by local Kobe Chefs

They are also holding Special Evening Concerts on 12/9, 12/10, 12/16, 12/17, 12/23, 12/24
The time is 18:00 to 20:30. The cost 6,500 yen for a musical concert, dinner and a special present. Please make sure to book in advance.

Event Information (only Japanese)

The main hall where holiday music concerts play daily

The main hall where holiday music concerts play daily

Decorations at Garden Terrace

Decorations at Garden Terrace

The Garden Terrace has beautiful evening illuminations and there are many holiday gifts available at the Horti Shops. The Rokko-Shidare Observatory has special holiday illuminations throughout the season. Christmas dinners can also be reserved and the many fine restaurants there.

Event Information (only Japanese)

The Rokkosan Pasture is having many special “Winter Pasture” events from December 2nd to January 12th of 2018. Many events to celebrate the holidays, as well as the changing from the Year of the Rooster to the Year of the Dog are planned.

The Rokkosan Snow Resort is open

The Rokkosan Snow Resort is open

The Rokkosan Snow Resort opened on the 18th of November with new high tech snow

making equipment. The ski and snowboard season there goes until April 1st, 2018. They are open daily from 9am to 9:30 pm. There is rental gear including wear, hats, gloves, etc, available, so one can just show up and rent everything there to enjoy the snow. They have lessons in many languages, so even if it is your first time, Rokkosan Snow Resort is a great place to learn.

 

Winter also means that there is a chance of ice on the roads and trails, so take care when out hiking.

Be careful of frozen water on the hiking trails

Be careful of frozen water on the hiking trails

So dress warm and come up to Rokkosan to enjoy the Winter Holiday Season and many wonderful activities!

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする

師走の六甲山 記念碑台

・・・悠然と 山仰ぎ見る 師走かな・・・
冬季閉鎖中の自然保護センターのテラスデッキで景色です。

記念碑台園地の立ち枯れになったタマアジサイ
自然というのは無に帰するまで気品のある美しさを留めています。
枯れた味わいとでもいいましょうか。。。
こんな風に歳を重ねたいなと、感じました。

アジサイは六甲山のドライブウェイなどあちらこちらに見られますが、
記念碑台周辺にもたくさん植栽されてます。
この季節、「景色は冬枯れ」ですが、
葉がすっかり落ちて裸になった先に目をやると、
来年の春に咲く葉芽や花芽が、しっかりとついています。


寒さに耐えて頑張っているアジサイの冬芽。
その小さな冬芽の中には もうすでに春になれば 伸び出す花や葉。
枝が小さく包み込まれており 来るべき生命の季節の準備をしているのです。

あっちにも、こっちにも、おもしろい形がいっぱいです。
少し大げさかもしれませんが、自然の小さな芸術。
きっとおもしろい発見があるますよ。
寒い季節ではありますが、
光あふれる春を待つ植物達のエネルギーを
冬芽から感じるとってみてはいかがでしょうか。
木々や草花、そして多くの生き物に出会い、
この季節ならでは 春を待つ植物の生きる知恵に驚きつつも、
その愛らしい姿にしばし 夢中になることでしょう。

六甲山記念碑台付近でも、大方の見頃は過ぎてしまいましたが、
木によってはまだまだ紅葉を楽しめます。

これからの時期、寂しい雰囲気だと思われるかもしれませんが、
普段は葉に覆われてみることができない木の幹や枝の形、
春に向けて準備をしている冬芽など見どころは意外と多いものです。
お越しの際は街中より気温が低いので厚着をしていらしてください。

ガイドハウスは冬季も開館しています。
12月~3月は、10:00~15:00 開館
毎週月曜日 休館(休館日が祝日又は振替休日の場合はその翌日)
年末年始休館(12月27日~1月5日)

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

紅葉と夜景と保護センターの冬季閉館

11月生物季節観測のイロハモミジの紅葉でした。六甲山の北側にあるシュラインロードの最上部では、既に11月1日に紅葉していました。7日になると記念碑台など南側も紅葉してきました。神戸のイロハモミジの紅葉日の平均値は、12月3日ということなので、山上付近では、かなり早いことが分かります。ちなみに、函館の紅葉の平均が10月29日で、青森が11月12日ということですから、六甲山上の紅葉は、その間ということになります。六甲山上付近の気候が、おおよそ青森県に似ているということが、このことからもわかります。また、神戸市の紅葉日の決定は、中央区脇浜海岸通にある神戸地方気象台の敷地内のイロハモミジの紅葉ということです。六甲山上と比べると、ちょうど1か月ほどの違いですね。ということは、神戸に居ながらにして1か月は紅葉を楽しめるということにもなります。
生物季節観測は、12月~2月までは、お休みです。3月から再開する予定です。

六甲ケーブル山上駅の天覧台からの夜景です。今の季節、17時を過ぎると一挙に暗くなります。昨日の17時15分ごろ、ポートアイランドを見下ろした写真です。神戸は、函館と長崎と並んで日本三大夜景と言われています。17時20分発の下りケーブルに乗ると、下からのケーブルには大勢の外国の方が乗っているではありませんか。観光スポットをよく調べているのだな、と感心させられます。

昨日、11月30日をもって、六甲山自然保護センターは、冬季閉館となりました。冬季の間に大改装ということで、展示物等の整理や移動で、センター内の閲覧室はご覧の通りです。センターに来られた人は驚いていましたよ。来年度は新しく生まれ変わる予定です。
ガイドハウスは冬季も開館しています。12月~3月は、10:00~15:00の間、開館していますので、どうぞお立ち寄りください。

カテゴリー: 六甲自然ガイド | コメントする

初冬の六甲山記念碑台と全山縦走

今日の六甲山記念碑台は、午前10時で気温10℃。六甲自然保護センターの様子は一見寒そうですが、風がないときは、思ったよりも寒くありませんでした。この六甲山自然保護センターは、11月30日を持って、今年は閉館になります。

 自然保護センターの前のアジサイやゲンノショウコがある花壇などに、この時期ならば根を傷めることも少ないということで、寒肥えを入れていました。寒肥えは、1年間の感謝の意味も込めて施す肥料で、お礼肥えとも言われています。

春になり、新根が発生して植物全体が活動を始めるときに、根がいち早く容易に吸収する養分を供給できるようにするために行うのです。
これは、青いシートの下で枯葉を集め2年間ほどねかしたものです。そして、春の訪れに備えるのです。

お昼を過ぎてからは、六甲全山縦走に挑戦しているハイカーがガイドハウス前を通っていきます。六甲山上の信号機の前には、ガードマンもいつの間にか来られていました。須磨浦公園を午前5時にスタートした方々が、宝塚まで約56kmを歩き通します。 午後2時過ぎになっって、縦走のハイカーがグッとと増えました。
汗をかきかき先を急ぐ人、信号待ちで足を踏ん張りながらアキレスけんを伸ばす人、「摩耶山までがしんどくて、どうなるかと思った。」などと笑顔で嘆いている人、とそれぞれのいい表情が見られます。午後3時近くになって気温は7℃に下がりました。ここから宝塚までは、約5時間。きっとゴールに着くまでには真っ暗になることでしょう。けがのないようにと願います。

六甲山自然保護センター本館の閉館まであと1週間になりましたが、分館のガイドハウスは、まだ開館していますので、近くを通られるときは、ぜひお寄りください。

 

カテゴリー: イベント報告, 未分類 | コメントする

Rokko Zenzan Jyusou (Rokko Entire Mountain Hike)

Kobe CIty Rokko Zenzan Jyuso Map

Kobe CIty Rokko Zenzan Jyuso Map

Twice a year in the Autumn Kobe City holds a special Hike on Rokko-san called the “Rokko Zenzan Jyusou” (Rokko Entire Mountain Hike).

About the Hike

The course starts from an area called Suma, west of Kobe, and travels the top of the entire Rokko mountain range down to Takarazuka City. It is a beautiful way to really enjoy the sites of Kobe city and the surrounding areas as one enjoys the nature of the mountains.

The entire course is around 56km and goes from almost sea level up to 931.3 meters at the Top of Rokkosan before going back down to Takarazuka. It takes almost a full day to walk with many people starting early in the morning and hiking until late in the day. Each day there are around 300 people that walk the hike. The total time is around 15 hours to walk from one end to the other.

Rokko Zenzan Jyuso Area Map

Throughout the year this trail is very popular with many hikers, with Spring and Autumn be the most popular seasons. Some people walk different sections of the hike, so that after a period of them they can complete the entire course.

Rokko Zenzan Jyuso Sign Post

Kobe City publishes a Rokko Zenzan Jyusou Map (Japanese Only) for 400 yen. It was recently updated in June of 2017. There are sign posts along the path to help one stay on course.

Preparing

Many parts of the trail are quite challenging, so make sure to wear proper hiking shoes and clothes, take plenty of water and food. Being in the mountains, the weather can change suddenly, so having extra clothes, warm wear, rain gear and a headlight are also suggested. In some areas using hands for climbing makes things safer, so having gloves is also prudent.

It is always best to hike with a partner or party of people and in all cases let friends or family know before you head off, where you are planning to hike and your expected completion time.

Please respect the trail and other hikers, don’t litter or drop cigarette ashes or buds, and please carry any trash home back with you.


(Map provided by Yamakei Online)

The Mt. Rokko Guide House is close to the half way point, and a great place to take a break and rest your feet. We look forward to seeing you and hearing about your adventures on Rokkosan!

 

カテゴリー: Foreign Guide (English Posts) | コメントする